言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



明日の行方、♪~線路沿いに咲く 名も知れない花になって 風に吹かれたい~♪・・・SMILEの名曲「明日の行方」の如く明日の行方がわからない人生を過ごす私であるが、風が種を運ぶ如く言葉という種を蒔いて、会話が弾ませ、言葉に花咲く生活を送れたらと思う。

今日は、2015年(平成27年)5月17日 日曜日

先日の黄昏時、仕事を終え、
現在の職場近くの
阪神武庫川線の東鳴尾駅近くの線路沿いを歩いていると
線路沿いに咲く花が視界に入るやいなや・・・・

金鶏菊 150514_1756~001

♪~線路沿いに咲く
  名も知れない花になって
  風に吹かれたい~♪


と、私の脳内のミュージックボックスファイルに保存されていた
SMILE
の「明日の行方」がクリックされ、
この曲のサビの部分のメロディが再生された。

この曲は、
平成7年(1995年)7月21日に、
SMILEのメジャーデビューシングルとして発売され
スマッシュヒットした曲である。

当時、私は大学4回生で、
よくFM802でオンエアされていて、

♪~線路沿いに咲く名も知れない
花になって風に吹かれたい

格子戸を抜けて走り廻る
風になって花びらを舞わせたい

明日の行方など怖がらないままの
花になりたい つむじ風になりたい~♪


と、メロディは良くて、
また、歌詞も何か惹きつけられるがあり、
かつ、ヴォーカルの浅田信一の声が渋くて良く、
彼が歌うがゆえに、
この曲の名曲性をより高めている。

そして、2番のサビの部分の歌詞

♪~国々を結ぶ青く深い
海になって雲を写したい

大空を飾る鯨のような
雲になって海を渡りたい

明日の行方など怖がらないままの
海になりたい 雲になりたい~♪


と、
広大な大空と
その広大な大空を水面に映す大きな海と
大きな空を大きな海が映すことで
大きなものどうしが溶け合い一体化する
そのスケールの大きさを感じることで
将来の不安なんて無関係というものを思わせる。

さて、私は3年前に14年間勤務した会社を失業して以来、
期間限定の職業に風の如く渡り歩く生活が続き、
まさに「明日の行方」がわからい人生を送っているが、
あまり不安感を抱いていない。

格子戸を抜けて走り廻るような風の人生を
楽しんでいるのかもしれない。

風の如く、様々な職場を渡り歩く人生を
過ごしている私であるが、
風であるがゆえに形を変えて、
変幻自在にもなれる。

線路沿いに咲く名も知れない花を揺らす風のごとく
過ごせると面白いなと思うし、

その風のような人生を歩む私は言葉を有していて、
風が種を運ぶ如く
言葉という種を蒔いて、
会話が弾ませ、言葉に花咲く生活を送れたらと思う。

ちなみに私が線路沿いで見た花は
大金鶏菊(オオキンケイギク)だと思われる。

SMILE
の「明日の行方」はここでお聞きできます。

明日の行方PV
https://www.youtube.com/watch?v=b0j2zGKrfhw


スポンサーサイト

テーマ:今日の1曲 - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3509-b1181bdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)