言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



野球は試合終了まで何が起こるかわからんねえ・・・・阪神タイガース、9回裏2アウトランナーなしから、逆転サヨナラ勝利

今日は、2015年(平成27年)5月9日 土曜日

3日前の16時50分ごろ、
外出先から西宮市今津の自宅に戻り、
テレビを点けてチャンネルをいろいろ選んでいたら、
プロ野球中継で
阪神タイガース対中日ドラゴンズが放送されていて、

その時の場面の様子が、
9回裏2アウトで
2対1と阪神が1点リードされている状況であったが、
満塁で、バッターボックスに関本が立っていて、
カウントが2ボール、2ストライクというカウントに
なっていて、このままドラゴンズが逃げ切るか、
阪神がサヨナラ勝ちするかという見せ場になっていた。

このゲーム展開として、
中日が8回表まで2対0とリードしていたが、
8回裏にそれまで打撃不振であった
新井良太が代打で出て、ホームランを打ち
2対1となった。

そして9回裏、阪神の攻撃も2アウトまで取られ、
ランナーなしの状態で、
中日があと1つアウトを取れば、中日が勝利する
状況であったが、
阪神のゴメスがヒットで出塁した。

その後、連続ファーボールなどで、
2アウト満塁の状況になり、関本の打席になったのであった。

そして、私がちょうどテレビをつけたら
その関本の打席のカウントが
2ボール、2ストライクという場面になっていた。

そして、次の投球でボールとなり
9回裏2アウト、3ボール、2ストライクで満塁という
三振やゴロやフライでアウトとなり中日勝利のゲームセットとなるか
それともサヨナラ逆転ヒットで阪神勝利のゲームセットとなるか、
それとも押し出しのファーボールで同点となるかという
究極のフルカウントという状況になった。

うわ!たまたま自宅の戻ってテレビのチャンネルつけたばかりなのに
いきなりすごいクライマックスの状況に
テレビに釘付けになった。

そして、テレビの実況アナが、
「次の投球が運命の1球になります」と言って、盛り上げる。

甲子園球場の阪神フアンの応援も盛り上がる。

中日の又吉が投げたが、それはボール球で
関本が見送ると、

実況が「うぉおおおおお、ファーボール」と興奮ぎみに伝え
押し出しで2対2の同点となった。

そして、2アウト満塁で1打サヨナラという場面で、
前の打席でホームランを放った新井良太が打席に立つ。

いやいやこれもこのような状況で
打撃不振であったが前の打席で代打で
出たら、ホームランを放っていた新井良太が打席に立つという
これもまた見せ場をさらに高めるドラマ性をおびていた。

その新井良太であったがノーボール、2ストライクと追い込まれたが
その後、2球はファールで粘る。

そして、次の打球で実況のアナが

「今日は新井良太デーなんでしょうか」と言って
場面を盛り上げる。

そして、中日の又吉が投げた外目の打球を
一生懸命に身体を伸ばして、センターの横に打ち返し
サヨナラヒットとなった。

ヒーローインタビューは新井良太となり
まさに新井良太デーになった。

それにしても、
9回2アウトでランナーなしで、
もう阪神は負けるかなと思える試合であったが、
ゴメスがヒットで出塁してから
あれよあれよという逆転劇になった。

野球はゲームセットまで何が起こるかわからないし、
2アウトランナーなしになっても
最後の最後まであきらめずに勝利に向かって
取り組むことの大切さを思うゲームであった。

そのようなゲームが
私の自宅の最寄り駅から10分から15分ほどで行ける
甲子園球場で行われていた。

さて、阪神タイガースとして
9回裏2アウトランナーなしからの逆転勝利のゲームとして
過去には、平成21年(2009年)4月30日に
甲子園球場で、対横浜戦で、
今岡、平野、関本、鳥谷、金本の5連打で逆転勝利したことがある。

この時も、今回と同じく関本が関わっている。

2015/05/06 阪神vs中日 新井良太サヨナラ
https://www.youtube.com/watch?v=3aErbu73MD8
スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3501-91d93304
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)