言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



大阪都構想住民投票を呼びかけるトイレットペーパー広告・・・トイレットペーパーの使用頻度が高い使い捨てという特性が広告に適しているかもしれない

今日は、2015年(平成27年)5月6日 水曜日

先週の土曜日、
自宅のある西宮市から
いつも髪を切ってもらっている
大阪市東淀川区の上新庄の美容室に行った時、
そこのトイレを使わせてもらった時、
トイレットペーパーに目が入った。

住民投票呼びかけトイレ紙 150502_1036~001

トイレットペーパーそのものが
5月17日に大阪市で実施される
いわゆる大阪都構想(特別区設置)に関する
住民投票を呼びかける広告が掲載されていて、
トイレットペーパーそのものが広告になっていた。

店の方によると
そのトイレットペーパーは商店街を通じて
配布されたようである。

トイレットペーパー広告は数年前からあるようだが、
私はそれを見るのは初めての経験であった。

トイレットペーパーそのものを広告にした
初めての人は、
どのような発想で、そのように思い至り、実行したのか
興味がある。

以前から、トイレットペーパーに模様などがデザインされた
ものが販売されてきたが、
そのようにできるなら広告を印刷することも
可能だろうと思ったのかもしれない。

人間なら必ず排便はするので、
トイレットペーパーを目にする頻度は高くなる。

公衆トイレであれば、
トイレットペーパーでの広告で
不特定多数の方々に伝える機会となる。

また、住民投票など公共的なイベントに来てもらえるようにと
各家庭のトイレのトイレットペーパーで使用されたら、
毎日、自宅トイレで目にすることになり、
意識付けを高める頻度を高くできる。

毎日使うものを広告にするとなった時、
トイレットペーパーのような使い捨てが適しているのかもしれない。
広告はその時々、用済みになればすぐに捨てられるものである。

毎日使うものだからと言って、
例えば、お箸などに広告をしても、使い捨てにできず
広告で伝えたいことの旬が過ぎてしまうし、
買うほうもそのようにすぐが旬がすぎるものが広告された
お箸なんて使いたいとも思わないだろう。

人が必ず使うもので使用頻度が高く、
公衆トイレなら不特定多数へのリーチがあり、
家庭用なら毎日、使用者に伝えることができる。
そして、使い捨てであること。

これらのトイレットペーパーの特性が
広告としても適しているのかもしれないと思った。

スポンサーサイト

テーマ:発想法・編集法 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3498-67fab32b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)