言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



落選する候補者がいるからこそ選挙が行われ民主主義が活性化するのである

今日は、2015年(平成27年)4月30日 木曜日

先日行われた統一地方選挙を受けて、
若手の気鋭の政治学者である岩田温氏のツイート
次のようなコメントがあった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

落選された全ての方々へ。選挙戦お疲れ様でした。リベラル・デモクラシーが
健全に機能するためには、選挙という闘争の舞台が存在しなければなりません。
落選を恐れずに挑戦する人々の存在があってこそ、
リベラル・デモクラシーは機能します。
是非とも、捲土重来を期して、次回の当選を目指して下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と言うツイートであったが、
まさしく、当選するかどうかわからず落選してしまう
候補者が必ずいるからこそ、選挙という
民主主義の活性化に寄与する。

それを感じさせた選挙
北海道清里町での
44年ぶりの町長選挙である。

昭和46年(1971年)に町長選挙が
実施されて以来、10期連続で無投票であったが、
今回の町長選挙では、
現職の町長に対して、元町総務課長が立候補して、
44年ぶりの町長選挙となり、
なんと投票率は90.85%と
低投票率の選挙が多い中、驚異的な高投票率である。

今回の立候補者はともに役場OB出身者で、
政策に大きな違いはなく争点なき選挙とも言われたが、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
44年ぶり選挙戦も「争点」なく 北海道清里町長選
(産経新聞 2015年4月21日 17時59分)


有権者約3600人のうち約6割が町長選への投票は未経験。
両候補の街頭演説を見に来た主婦、佐々木千佳さん(32)は
「一人一人が町のことを考えられる機会で、1票の重みを感じる」。
幼い長男の子育て中でもあり
「将来をしっかり見据えて、投票先を決めたい」と話していた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、争点なき選挙であっても、
町民が立候補者の主張に耳を傾け、
町政に関心をもち考えて選択する機会をもたらすものである。
やはり、選挙は民主主義活性化にとっては必要不可欠な行事だと
思うものであり、
それは落選する立候補者がいるからこそ選挙が行われるのである。

その落選する立候補者に光を当て、価値と意義を見出すコメントを
出した岩田温氏の見識に敬意を表したい。

スポンサーサイト

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3492-72a60908
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)