言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



昭和44年のビートルズの日本武道館ライブの前座で演奏したのは、のちにお笑いグループとして有名になるグループであった

今日は、2015年(平成27年)4月27日 月曜日

ポールマッカートニーが来日していて、
明日の28日に日本武道館にてライブを行う。

彼自身が日本武道館でライブを行うのは
昭和41年(1966年)6月30日~7月2日に
ビートルズとしてライブを行って以来、49年ぶりである。

そのビートルズの武道館ライブでの前座を務めたうちの
ひとつがほとんどの若い人たちにとっては
お笑いグループとしての認知が大きい
「ザ・ドリフターズ」である。

この時のドリフターズは主に音楽活動をしていて、
ビートルズのライブの前座をすることになった。

ステージに立った
当時34歳のいかりや長介が
「いくぞ、ワン、ツー、ワンツースリフォー」と

「ロング・トール・サリー(Long Tall Sally)」(邦題「のっぽのサリー」)
というロックの曲を演奏を始めた。

リードボーカルを務めたのが
当時24歳の仲本工事である。
そして、ドラムは当時22歳の加藤茶である。
他に、高木ブーや当時のメンバーであった荒井注も演奏する。


ドリフターズは急に呼び出しを受けたためか
前座用のステージと間違えてビートルズ用の
ステージで演奏してしまったが、このことが
ドリフターズへの注目度が高まったという。

さて、
いかりや長介が前座を終えてステージから戻る時に

ビートルズの登場を待ちかねている
フアンたちによる雰囲気が大騒ぎになっていて
その雰囲気に何か恐怖を感じたのだろか
「逃げろ」と言ったという。

*ロング・トール・サリーという曲は
リトル・リチャードというロック歌手の曲
一旦彼がロックから離れ牧師になったが、
ロック歌手として復帰する時のライブの前座をつとめたのが、
当時無名のビートルズであった。
ビートルズものちにこの曲をカバーしている。

ザ・ドリフターズ ビートルズ来日公演前座
https://www.youtube.com/watch?v=XA4nzeBogJk



スポンサーサイト

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3489-05d13266
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)