言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



温故知新の新開発・・・英国で1000年前の目薬からすごい医療効果を発見、大阪で、文楽人形の動きを活用したロボット開発


今日は、2015年(平成27年)4月19日 日曜日

イギリスで、1000年前の目薬を使って実験したところ
ものすごい効用があることがわかった。

イギリスのノッティンガム大学の研究チームが
古代の薬を研究する「AncientBiotics」プロジェクトの一環として、
1000年前に眼病の治療薬として使用されていた薬品の製法を
10世紀の医学書で調べたところ
抗菌作用のあるニンニクが使用されていることに注目し、
ワイン、ニラ、ニンニク、牛の胆汁を使って1000年前の目薬を再現、
するとそれが
抗生物質が効かないメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)を
殺菌する効果があることがわかったという。

1000年前の古の目薬に
現代の医療で難題とされている
抗生物質が効かないMRSAへの殺菌効果があると
わかるとは
まさしく温故知新である。


温故知新で現代の技術発展に貢献している例として
日本では和紙の技法を活用して、
ハイブリットカーのアルカリ・マンガン電池のセパレーターとして
使われる不織布は土佐和紙の製法技法が活かされていた。

さて、最近では、
大阪芸術大などの共同チームが体の動作で感情を表現するロボットを
伝統芸能の文楽人形の動きを取り入れて開発している。

研究責任者の中川志信・大阪芸術大教授が
顔の表情変化がなくても感情を表現できる文楽の伝統的な技法に着目して、
美しい演技・音・フォルムを取り入れた「おもてなし」動作が出来る、
世界初のロボットを開発したと説明している。

これもまさしく日本の伝統芸能という古(いにしえ)からのことがらを
取り入れて現代の最新技術の発展に活用した
温故知新の賜物である。
スポンサーサイト

テーマ:発想法・編集法 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3481-3f401882
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)