言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



花燃ゆ展を梅田阪急百貨店でやっていると吊り広告で知って行ってみた・・・・奇跡の私塾「松下村塾」の人間模様をNHKは「幕末の学園ドラマ」とPRしているようで

今日は、2015年(平成27年)3月20日 金曜日

一昨日の夕刻、大阪地下鉄御堂筋線に乗り、
車内の吊り広告に目をやると、
梅田の阪急百貨店で、
3月18日からNHK大河ドラマの花燃ゆ展を
しているという広告で、
ちょうど梅田で用事があり、
20時までしているというので、
梅田駅で下車して、用事先を回ってから、
阪急百貨店に向かった。

梅田阪急百貨店の9階で花燃ゆ展がなされている
というので、ちょうど9階まで昇るエレベーターが
閉まろうとしていたので、あわてて入ると、
女性ばかり10人ほどいて、男は私だけ、

そのようなシチュエーションに
ふと思い出したのが、小学生のころに時々耳にした

「♪ おんなのなかにぃ~、おとこ~がひとり~ ♪」

というからかいの歌である。

さて、そんなこと思っているうちに
祝祭広場のある9階に到着して、
「花燃ゆ展」が開催されているギャラリーに入った。

花燃ゆ展 150318_1921~001

ギャラリーに入るとその時、20名近くの人が
いて、いろいろ展示物を見ていた。

ドラマに出演している方に興味があったのか、
それとも歴女なのかわからないが、若い女性の方、
また、母親と一緒に来ていると思われる女子高生の方がいた。

NHKのドラマで使用されたセットなどが
展示されていて、撮影が許可されているものも
あったので、

ドラマで使用された擬石や
花燃ゆ展 150318_1841~001

吉田松陰が入っていた野山獄のセットの一部、
そのセットの前に松蔭役の伊勢谷友介さんの
等身大の写真があったり、
花燃ゆ展 150318_1846~002

松下村塾のセットの一部もあった。
花燃ゆ展 150318_1846~001

松下村塾と言えば、師の吉田松陰のもとに
高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文、山県有朋、品川弥二郎など
幕末から明治維新の変革期に活躍したり、
また明治政府の要職に就任する人物を排出した私塾である。

花燃ゆの主人公は吉田松陰の妹の杉文を軸に、
やがて彼女は久坂玄瑞と結婚するが、
その久坂玄瑞が通っていた松下村塾の塾生たちの動きが
最近の花燃ゆの中心になっているが、
NHKの「花燃ゆ」ではこれを「幕末学園ドラマ」とPRしている。

それにしても、松下村塾から輩出された人物が
のちの日本を動かし、そして、その日本を近現代世界の
主要プレイヤーにしていくことに貢献したのを見ると
本当にすごい塾で、こんな塾はもう出てこないだろうなあと
思える歴史上稀に見る奇跡の私塾だと思う。

その塾生で松下村塾四天王のひとりであった高杉晋作が
長州藩が幕府恭順派の保守派に牛耳られたことに対して、
功山寺で挙兵してクーデターを起こして、
一気に長州藩を倒幕派の改革派にひっくり返して、
それにより結果的に、
薩長同盟締結そして、倒幕と明治維新につながり、
その明治後の日本が日露戦争に勝利し、
世界の主要大国の一国に台頭して、やがてアメリカと戦争を
起こすような存在につながったことを思うと
高杉晋作の功山寺で挙兵は世界史的な事件だと思うし、
そのような高杉晋作の思想に影響を与え、
また、明治維新を支えた総理大臣になった
伊藤博文や山県有朋にも影響を与えた
吉田松陰が師となって教えた松下村塾の
あたためてすごいなと思うし、
もし、この私塾がなければ日本と世界は
また違った日本と世界になっていたかもしれないなあと思う。

そんなこともあり、今回の「花燃ゆ」は見ている。
「花燃ゆ展」は梅田の阪急百貨店9階で、
3月30日まで開催中。
最終日のみ終了時刻が18時で、
入場無料である。

このブログ内の関連記事

動けば雷電の如く、男一匹高杉晋作が挙兵した日~「おもしろきことのなき世におもしろく」 功山時挙兵は世界史的大事件だ
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3451-340510b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)