言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



コスト削減での投票所統廃合で、過疎地の高齢者が投票を棄権・・・・郵送投票とか考える必要があるなあ

今日は、2015年(平成27年)3月19日 木曜日

先日、NHKで4月に統一地方選挙が実施されるにあたり
過疎地の投票で現在進行している問題を取り上げていた。

それは、投票所の統廃合の問題である。

投票所開設にあたり、地方財政が厳しい中、
住民の少ない集落の投票所を廃止して、
別のところに統廃合してコスト削減しているという。

それにより、それまで徒歩で投票していたが、
車を使えない高齢者の有権者が
投票に行きづらくなり投票を棄権するケースが
出てきている。

ある投票行動の調査で
自宅から投票所まで所要時間が多くなるほど、
投票率が下がるという調査が出ている。

選挙権というのは憲法で保障された
重大な国民の権利であり、
民主主義の根本を成すものである。

コスト削減のためにその国民の重要な権利が
できなくなるというのはいかがなものかと思う。

それが地方自治体が財政で困難ならば
政府が補助金出すべきではないかと思う。

また、一方で、郵送での投票を識者が提案していたが、
実際に、海外から投票する場合は、
郵送での投票が実施されているので、
郵送投票可能ならそうすればいいと思う。


スポンサーサイト

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3450-e6d9a1c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)