言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



警察・検察は民主主義の敵なのか!・・・美濃加茂市長に無罪判決・・取調べで、美濃加茂市民を侮辱した警察の人物名を公表すべき

今日は、2015年(平成27年)3月 6日 金曜日

岐阜県美濃加茂市の
日本最年少市長の藤井市長が受託収賄罪で起訴された
判決公判で地裁で無罪判決が出された。

この無罪判決は当然だと思うが、
どのような事件であったかについて、引用すると、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
美濃加茂市長収賄事件 決定的な証拠がないまま公判が結審
ビデオニュースドットコム ニュース・コメンタリー(2014年12月27日)


この事件では、日本最年少の首長として全国的にも注目されている藤井氏に対し、
浄水設備導入のための働きかけの見返りに現金30万円を渡したとする名古屋市の
浄水設備会社「水源」の中林正善社長の主張と、
現金は一切もらっていないとする藤井氏側の主張が真っ向から対立していた。
別の融資詐欺事件で逮捕されていた中林社長が、取り調べの段階で藤井市長に対する
現金の提供を仄めかしたため、融資詐欺事件はそっちのけで、
藤井市長の収賄事件の捜査が行われ、この6月に藤井氏は現職の
市長のまま逮捕、起訴され、62日間勾留されていた。

しかし、公判に入っても、検察側からは中林社長の証言以外に、
現金の授受を裏付ける決定的な証拠が提示されないまま、
今週、半年間の公判が終結する結果となった。
 特に、検察にとって想定外だったのは、当初現金授受が行われたとされた会食の場には
藤井市長と中林社長の2人しかいないとされていたものが、
途中からその場に第三者のT氏が立ち会っていたことが明らかになったことだった。

しかも、T氏は公判の場で、現金の授受はなかったと証言した上に、
自分は会食中一度も席を離れていないと断言していた。
 
そのため公判は、T氏が会食中一度でも席を立ったのか立たなかったのかが
最大の争点となっていた。
現職の市長の汚職という深刻な事件であるにもかかわらず、
公判では同席者がドリンクバーに行ったか行かなかったが
最大の争点となるという、まさに異常な裁判だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということであるが、
こんなええ加減名証拠で、民主的手続きで選ばれた市長を逮捕拘留して、
市政を停滞させた愛知県警と検察は民主主義の敵なのか!と言いたくなる。

贈賄をしたと証言した中林社長が4億円の融資詐欺で取調べを
受けている時に、「藤井市長に賄賂を渡した」と言ったことから、
警察・検察が藤井市長への強制捜査をしたが、、

警察・検察がここまで突っ走った背景に、
社会的にもさまざまな評価成績を得ようとしたのではないかと
言われたりしている。

4億円のかなりの金額の融資詐欺より、
金額的には30万円の賄賂であっても、
市長を検挙するほうが、評価が高くなるような空気が
あったとされる。

中林社長の融資詐欺の立件は適当に済ませて(4億円すべてで起訴せず)、
藤井社長への捜査を始めて、
中林社長の証言があれば、藤井市長を身柄拘束すれば、
自白すると思い逮捕したが、
なんと、賄賂が渡されたとされる藤井市長と中林社長の食事の場に、
第3者がいて、その第3者が、
「一度も席を外してないが、現金授受の場面なんてなかった」と言ったのだ。

警察が第3者への事情聴取のときに、
何とか現金授受があるということにしたいために、
そのように誘導して、その第3者の方は精神的負荷を追いながらも
主張を変えなかった。

このような時点で、警察や検察は捜査を止めるべきだったと思うが、
一度走り始めると失敗するとわかってもやめられないとう
まるで、70年以上前に、負けるとわかりながらアメリカと戦争をした日本の
悪弊が、権力機関である警察と検察にもそのまま残っているように思えた。
勇気ある撤退ができなかったのだ。

藤井市長が身柄拘束されている間、
人口は約5万5000人の美濃加茂市では、
藤井市長の釈放を求める署名が2万人以上集まった。

それほど、藤井市長は市民からの信任が厚く、
そのような信任の厚い市長を冤罪性の高いことなのに、
市長の身柄拘束に踏み切った警察と起訴をした検察は
民主主義の敵なのかと思う。

そして、警察が身柄拘束していた時の藤井市長への
取り調べて、取調べをしていた警察が

「はな垂れ小僧に投票した市民は何を考えていたんだ」

「早くしゃべらないと美濃加茂市を焼け野原にするぞ」

ということだが、こんなこと誰が言ったのだ!

まさに美濃加茂市民に対する冒涜であり、
この発言をした警察の人物の名前を公表すべきだ。
公務員である人物が自分の公務の中で行ったことなので、
名前を明らかにして何の問題もない!

まあ、密室の中のことなので、言った言わないとなりそうだが、
徹底的に追及すべきだ。本当にこれが事実なら
この警察の人物は民主主義の敵だ!

ふと思ったが「焼け野原にするぞ」と聞いた
市長を支持している人物に、
もし、織田信長のような強烈かつ実力がある人物がいたら、
警察を焼け野原にしていそうだなあ。


スポンサーサイト

テーマ:刑事事件・裁判関連ニュース - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3437-40d75a47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)