言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



昨日の午後、冬風になびく幟(のぼり)を見て、風を生み出す地球規模の大気の動きと太陽中心部の10万年前に思いをはせる

今日は、2015年(平成27年)2月11日 水曜日

昨日、西宮市今津の自宅近くの駅ビルのロッテリアで
読書しつつ、外の様子を時折ながめると、
外に立てられていたロッテリアの幟(のぼり)が
やや強めの冬の風になびいていた。

そのころの時間帯の阪神間の
風向・風速を調べてみると、
西よりの7~8メートル風が吹いていた。

昨日は西高東低の冬型の気圧配置のため
西よりの風が吹いていた。

風というのは気圧差によって発生するが、
その気圧差は温度の差によってもたらされてくる。

温度が高いほど分子活動が活発なわけであるが、
その地球上の大気の分子活動にエネルギーを与えているのは
太陽からの光である。

その太陽からの光は、太陽の「表面」から
約8分19秒かけて、地球に到達する。

太陽の「表面」とカギ括弧で強調するように
表現したのには理由がある。

太陽の光は太陽中心部の
水素の核融合によりもたらされているのだが、
その核融合によって生み出されたガンマ線が
太陽の表面に到着した時に、ガンマ線よりも
波長の長い電磁波となり、光となって宇宙空間に
放出されるわけであるが、
実は、太陽中心部の核融合で生み出されたガンマ線が
太陽の表面に到着するまで、平均で10万年を要すると
言われている。

そう、10万年前に太陽の内部で生み出されたエネルギーが
太陽の表面に届いて、8分19秒で地球に届き、
地球上の大気の分子にエネルギーを与えて
温度の変化をもたらし、そして、気圧差をもたらし、
風を生み出しているのである。

そうであるなら、
日々、感じる風というものが
10万年がかりの悠久の歴史の賜物と思ってしまう。

そのような地球規模の大気の変動と10万年単位の
太陽エネルギーの賜物である風を古(いにしえ)の人々は
神の息吹だと考えていた。

当ブログの記事
風・wind  ~ 風は神の息吹  風の語源は・・・・・ で、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「かぜ」は「か」という表記と「ぜ」という表記から
成っているが、
その「か」と「ぜ」という言葉が合成されて
生まれた言葉である。

「か」は空気の「気」に由来している。
「気」は「気配」と書いて「けはい」
と言うように
「け」と表音されるが、その「け」が転じたものである。
 ちなみに、「香り」の「か」の「気(け)」が転じたものである。

「ぜ」は「し」が転じたものである。
古事記に風の神として、
志那都比古神(しなつひこのかみ)が登場するが、
「志那(し・な)」には「息が長い」という意味があり、
「し」に風の意味がある
古の方々は風は風の神様の息だと考えていたのだ。
その「し」が「じ」となった。

「気(け)」が転じた「か」と
風を意味する「じ」が合わさって
「かじ」と言われるようになり、それが転じて
「かぜ」と呼ぶようになった。

「風」という漢字の字源は、風の神と考えられた
鳳(おおとり)の象形に由来する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と風の語源と「風」という文字が神に由来するものであることを
紹介した。

ふと、昨日の午後、冬風になびく幟を見ただけであるが、
風についてのメカニズムや語源などを知っていることで、
地球規模、あるいは太陽という宇宙規模のことに
そして、風についての古人の世界観などに思いをはせることができた。
そのように思いをはせることができるのは
ものごとをいろいろ知ってきたからである。
知識を蓄積することで、
何気ない日常の現象から、宇宙規模まで思いを至らすことを可能にする
至福のひと時に豊かさを感じるのである。



スポンサーサイト

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3414-10bf51b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)