言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



イスラム国のテロの脅しで、日本人のシリアへの移動の自由を規制することは、テロに屈したことにならなのか!

今日は、2015年(平成27年)2月9日 月曜日

イスラム国による日本人殺害事件で、
イスラム国が日本人をターゲットにした殺害の脅しを
出しているが、
そのような中、
イスラム国の支配地域がある
シリアに渡航しようとしていた新潟県のカメラマン(杉本さん)に
対して、本人の生命の保護のためということで、
外務省がその方のパスポートを取り上げた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「応じなければ逮捕と言われた」 「報道の自由妨げる行為」
(東京新聞 2015年2月8日 朝刊)


 杉本さんは新潟日報社の取材に、自宅を訪れた外務省職員らから
「返納しなければ逮捕する」との趣旨のことを言われ、返納を決めたと明かした。

 杉本さんによると、七日午後七時半ごろ、同省職員と新潟県警の警察官ら計数人が訪れ、
旅券返納を求めた。この際のやりとりの中で、職員らは「返納に応じなければ逮捕する」
との趣旨の発言をしたという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これって、外務省がまた人質事件になったら余計な仕事が増えるので、
そうならないようにやったんじゃないかと勘ぐったりするが、
それはさておき、
外務省は旅券法を根拠に、そのような対応に出たと思うが、
もし、そのカメラマンがシリアに行ったとして、
その本人がイスラム国に殺害されても、誰の権利を侵害することもない。

近代社会は基本的には誰かの権利を侵害しない限りは、
何をやっても自由で、この場合、憲法で認めら得ている移動の自由の
侵害にあたらないかどうかを裁判で争ったらおもしろいと思う。

さて、外務省は、イスラム国が日本人を殺害するという
テロの脅しを出しているので、シリアに日本人が行けば、
その殺害される恐れがあるからということで、
国民の基本的人権のひとつである移動の自由を政府機関が規制するといことは、
テロの脅しによって国民の自由を制約することを政府が成すというこであり、
これこそ、日本国政府がテロに屈したということにならないか!
そのように思った。

この論理がまかり通ると、いざ、自衛隊が海外で戦闘をしている地域を
危険地域だからということで、ジャーナリストを行けないようにしたら、
本当は自衛隊が大敗北をしたのに、大勝利をしたと
第2次世界大戦中の大本営のように発表しても、
現地取材でそれをウソだと証明して、国民に真実を伝える
ジャーナリストを排除することができることになる。



スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3412-b21d50e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)