言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



後藤さん殺害、安倍首相は、人道支援をイスラム国との戦争の文脈で言う必要があったのか?・・・勝ち戦ができそうには思えない安倍首相のもとで、イスラム国に宣戦布告することへの不安

今日は、2015年(平成27年)2月2日 月曜日

昨日の午前5時から
NHKニュースを見ていた。
そのニュースで、インフルエンザ防止対策に取り組む
小学校のミニ特集をしている途中で、
急に画面がニューススタジオに切り替わった。

その瞬間、私は

「あっ、イスラム国の人質事件で新しい動きがあったのだな」

と思ったら、テロップおよびキャスターから

「後藤さん殺害と見られる動画配信」という速報が

伝えられた。それ以降、ネットで2ちゃんねるの速報ヘッドラインで
追跡してみると、人質となっていた後藤健二さんが
殺害された後の遺体の画像が添付されていて、それを見て確認した。

動画では、ひざまづいた後藤さんの服をつかむ
黒装束のジハーディ・ジョンと呼ばれる男が、

「安倍よ、勝てない戦争に参加した向こう見ずな
決断によってこのナイフは後藤健二を殺すだけでなく
今後もあなたの国民はどこにいても
殺されることになる。日本の悪夢が始まる」

と日本人が攻撃の対象になることを伝えた。

今回の事件での殺害予告のビデオが出された時に、
安倍首相が中東歴訪で、イスラム国と戦う国々に支援で2億ドル
出すということを口実にしてイスラム国側が殺害予告を出してきたが、

昨日の菅官房長官の記者会見で、
「(対イスラム国戦争への)有志連合の後方支援しない」
と言っていたが、そうであるならば、
既にイスラム国に日本人2名が囚われている段階で、
安倍首相が人道支援をどうしてイスラム国との戦いの文脈で、
位置づける必要があったのか?

現地の戦闘で難民になっている方々には、
イスラム国の迫害からだけで逃げてきたとも限らず、
シリアのアサド政権の迫害で逃れてきた方々もいれば、
米軍によるイスラム国への空爆の巻き添えで
家を失った方々もいる。

そのようなことを思うと、
「政情不安定な状況で、困難に直面している方々を援助する」
という文脈で人道支援を表明すれば良かったのではないかと思ったりする。

別に直接的に軍事作戦と無関係な人道支援をイスラム国との戦いの
文脈で表明することによって、
イスラム国側に人質の日本人殺害の口実を与える隙を作り、
挙句の果てには、イスラム国に日本人全員を攻撃対象にすると
言わせしめて、普通に海外に行っている日本人への攻撃リスクを
高める結果を招いてしまっているとも言えるかもしれない。

安倍首相に、日本をアメリカのようにいざとなれば武力行使を
よりやりやすい状況にしたい、また、アメリカと同じような立場に
少しでも近づきたいという思いがあり、それゆえに
別に軍事作戦でもない人道支援を「イスラム国との戦い」という
中に組み入れて発言したのかもしれない。

いざ、戦いを始めるとなれば、自分の振る舞いによって
敵はどのような反撃を仕掛けてくるかを想定し、
それにどう備えるかということができなければ、
軍師として、あるいは一国の最高権力者としては不適切で
逆に自国民をより危機に陥れてしまうリスクをもたらして
しまうのではないかと思う。

ここで、哲学者で保守反動の立場の山崎行太郎氏のブログを引用したい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2015-02-01 後藤さん殺害!安倍首相の「戦争ごっこ」の後始末!

後藤健二さんが殺害されたようだ。「イスラム国」からのビデオが公開されたらしい。
この結果は、良かれ悪しかれ、「対テロ戦争ごっこ」に熱中する安倍首相の判断と
決断が招いたものである。

(中略)

良かれ悪しかれ、安倍首相は、「イスラム国問題」や「イスラエル問題」という
火中の栗を、自分から進んで拾いに行ったのだ。「中庸」という言葉や、
「テロに屈するな」という言葉で、現代の火薬庫=中東問題が、
簡単に解決できると思ったのだろう。この軽薄な思考力の問題は、
安倍晋三の軽薄さの問題だが、同時に日本国民の軽薄さの問題だ。

安倍首相の「テロに屈することはない」「許しがたい卑劣な行為だ」
「許しがたい暴挙」「罪を償わせる」・・・という言葉は、
「イスラム国」に対する宣戦布告である、ということを日本国民は
知っておくべきだろう。
いずれにしろ、安倍首相の「戦争ごっこ」の後始末は高くつくだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

という主張であるが、
安倍政権下の日本は、対イスラム国との戦争に入ってしまったということ
だろうか。

まあ、
イスラム国は5年後には、支配領域をパキスタンや中央アジア
北アフリカ、ヨーロッパのバルカン半島まで支配領域を
広げることを構想として抱いていて、
イスラム国の思想や行動を見ると、いずれ
どこかの主権国家や組織がイスラム国との戦争をやらなければならない
状況になり、現にクルド人民兵などがイスラム国と戦争をしているが、
もし、日本も参戦せざる得ない状況になったとしても、
安倍政権下で、今回の後藤さん殺害までの経緯を見てみると、
安倍首相が上手な戦争をできるとは思えないように感じてしまう。
つまり、安倍首相では勝てない、あるいは敗北を喫してしまう、
そうならなくても、泥沼の戦争に陥って、国力を疲弊させてしまう。
そのような不安を抱くのである。

今回の後藤さん殺害でのジハーディ・ジョンが発した
「日本人全員を攻撃対象とする」メッセージについて
専門家が「イスラム国は単なる恐喝屋ゆえに」
どのようにしてくるか次のようにコメントしている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「日本にとっての悪夢が始まる」の意味
イスラム国は外交のプロではない。単なる恐喝屋 菅原出
(日経ビジネス 2015年2月2日)


これからも日本人が狙われる

 さて、これからのISの動きを考える上で注意しなければならないのは、
後藤さんを殺害したとみられる映像で、ジハーディ・ジョンと見られる人物が、
日本人をこれからも「場所を問わず殺す。日本にとっての悪夢が始まる」
という不気味な警告でメッセージを結んでいる点であろう。
これはISのオフィシャル・ロゴが付いた公式声明である。

繰り返すが、ISは公式声明で宣言したことは実行する。

そのことで、世界でもっとも恐ろしい恐喝屋としての地位を築いているからである。

この言葉が単なる脅しでないことを示すために、世界中の支持者に対し、
日本人を襲うようにさらに呼びかけている可能性があるし、
また世界中のIS支持者が自発的に呼応してこのISの
メッセージ通りの行動をとろうとする可能性もある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということである。
一国の首相が戦いに臨むということは
その国民は不運にも巻き添えになってしまうリスクを抱えるということである。


スポンサーサイト

テーマ:安倍晋三 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3405-99145511
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)