FC2ブログ
言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを
随時更新中です。

http://kuwadong.livedoor.blog/
archives/6130733.html



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



昨日、8ヶ月間勤務した会社の最終出勤日を終えて・・・生活の糧の仕事を探しをしつつ、私の脳内架空会社の「楽習社(がくしゅうしゃ)」の仕事に励む

今日は、2015年(平成27年)1月30日 金曜日

昨日、神戸三宮で職場があるところでの
最後の出勤日となった。
昨年6月上旬から勤務し始め、
8ヶ月間の勤務を終える日となった。

出勤する時は、いつも会社の近くにある
さんちかのサンマルクカフェで、
開店時の朝7時からいつも決まった席で、
モーニングセットで、
ミルクティとフレンチトーストを口にしつつ
読書をするのが慣わしになっていた。

そこで、今月の15日までは
開店から30分ほど過ごし、
それ以降の出勤日は、
50分ほどそこで過ごしていた。

昨日は、いつもどおりに
決まった席でモーニングセットを口にしつつ、
フランスの哲学者である
モーリス=メルロポンティの「身体図式」に関する
評論を読んでいた。

ところで、
サンマルクカフェで、
いつも食べたいなあと思いつつ、
時間切れで売られていない状態で
食べることができないものがあった。

それが、エッグベネディクトである。
私が店を出る時までに、
できあがっていないことが多く。
前にそこで、それを食べたのは
何ヶ月前か思い出せないくらい
長らく口にすることができなかったが、
昨日は、7時38分ごろにそれができあがり、
出されるとすぐに席を立ち、
それを買い求めた。

エッグベネディクト 150129_0740~001

ああ、最終出勤日に
エッグベネディクトを口にすることが
できて良かった。

そして、7時50分ごろ
ああ、ここで、この時間帯で朝食を取るのは
最後だなと思いつつ店を出て、
近くの職場のあるビルに入った。

職場の入り、いろいろ準備をして、
出勤最終日にやるべきことに取り掛かった。
昼食は、いつもの神戸市役所の地下食堂で済ませ、
その後、
そして、同じ職場の人にいろいろ引き継ぎ作業を終え、
最終日の業務を終えた。

まだ、次の職業は決まっていない。
生活の糧の仕事を探しつつ、
当ブログで

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

楽習社(がくしゅうしゃ)とは私の脳内にある架空の企業です。
現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、
古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、
生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。
その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、全く金銭的な収入につながらない
楽習社の仕事を日々しつつ、
金銭を得るための職探しの生活に入る。

このところ楽習社の仕事としては、
重大局面をむかえている
イスラム国日本人人質事件報道をウォッチしつつ
素粒子物理学や様々な哲学者の考え、
日本文化論、このところは岡倉天心の「茶の湯」についてなど
楽習(がくしゅう)することとしている。

スポンサーサイト




テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3402-b40e238e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)