FC2ブログ
言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを
随時更新中です。

http://kuwadong.livedoor.blog/
archives/6130733.html



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



8年ぶりに武庫之荘駅で下車した・・・15年近くの途中駅での8年ぶりの下車、何気ない光景も記録に留めておこう

今日は、2015年(平成27年)1月10日 土曜日

昨日、仕事の用事で、
阪急神戸線の武庫之荘駅で下車した。

武庫之荘駅で下車したのは
何年ぶりだろうかと思い出そうとした。

私は、西宮市に住まいしていて、
今は昨年の6月から
阪急電車の西宮北口駅から神戸方面に
通勤しているが、
過去15年ほどは、
同駅から梅田方面に通っていた。

西宮北口駅の梅田方面のひとつ隣駅である
武庫之荘駅は途中駅であったが、
私はそこで下車することは
ほとんどなかった。

そして前に武庫之荘で下車したのは
いつだったのだろうか?

その記憶の蘇らせた。

それは、
平成18年(2006年)の
7月下旬か8月上旬に、
武庫之荘に家電のリサイクルショップで
洗濯機を買った時のことを思い出した。

そのころ、西宮市にあるわが母校
関学正門前のところに部屋を借りて
引っ越したばかりで、
洗濯機がなかったので、
それをより安く買うために
武庫之荘駅を下車したのだ。

昨日は、その時以来、
約8年ぶりに武庫之荘駅に下車したこととなる。

そのときは、駅から徒歩でそれほど時間のかからない
ところにショップがあったが、
昨日はバスに乗り10分ほどでして
武庫豊町というバス停で下車した。

8年ぶりということで、
かつ、武庫之荘はほとんど下車した記憶も乏しいで、
町並みの光景がどのようなものだったのか、
あまり覚えていない。

そのようなこともあってか
バスから眺める光景を新鮮に感じた。

それにしても、武庫之荘駅を下車する用事は
その2日前に決まったことで、
それまでは武庫之荘に8年ぶりに下車するような
ことになるとは全く想像していなかった。

さて、今度、武庫之荘駅を下車することが
あるのはいつのことだろうか?

そうそう、
また、武庫之荘から神戸三宮の職場に戻るため
武庫之荘駅の北入り口から
同駅の南側の神戸方面のホームに行くため
そのホームの階段の出口近くにさしかかったところ、
反対側のホームに梅田方面の電車が到着した。
すると
ある女性があわてて駆け足で反対側のホームに行くため
駆け足で階段を折り始めはじめた。

梅田方面の電車に乗りたくてあわてているなあと
思いつつ、間に合うのは難しいのではと思ったが、
私が神戸方面のホームに立ち、
向かい側のホームに停車している梅田方面の電車の
扉が開き乗客の乗り降りがなされているのが見えた。


すると、
梅田方面の電車の扉が閉まろうとして、

あの女性、乗るのに間に合いそうにないなあと思っていると、
扉が半分締まったところで、その女性が
ホームに現れ始め、あわてて、電車に駆け寄る。
すると扉が開き、無事、乗車することができた。

何気ないよくあり得る光景であるが、
8年ぶり武庫之荘駅を乗り降りして、
かつ、次回、武庫之荘駅を乗り降りすることが
あれば、このようなことがあったことを
記憶に留めたいと思い、
書き留めた。


このブログ内の関連記事

2014年12月4日の記事
現在の仕事の所要で、阪神電鉄尼崎駅で下車して、かつての職業の思い出が蘇る
スポンサーサイト




テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3382-974e968f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)