言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



私の恒例行事となった年の瀬の夕刻、西宮北口のCAFE FLATにて、読書をしつつ、サザンの名曲「夕陽に別れを告げて」を聞きながら・・・曇り空でも光が届いているのだなあとふと思い

今日は、2014年(平成26年)12月28日 日曜日

昨日の午前10時過ぎ、
自宅から西宮北口駅近くにある
「CAFE FLAT」に電話をかけた。

2009年以来、毎年年末に
CAFE FLATの窓側の席から
年に一度、年末に年の瀬を夕刻の景色を
見ながら読書をして
サザンオールスターズの「夕陽に別れを告げて」を聞く。

私のアタマの中では、
「年末の夕陽」という単語の目録に
夕陽の光が射し込むCAFE FLATの店内や
西側の窓から見える夕陽に反射する光景が
「イメージの辞書」として対応するように
なってしまっているのだ。

昨年からは、その当日の午前中に
CAFE FLATの窓側の南側の席に座りたいので
その席を予約するために電話をするようになった。

昨年、予約した時は、

「あっ、いつも年末にこられる・・」

と、年に1度の年末しか来ない私のことを覚えてくれていた。

そして、昨日、昨年と同様に、
電話をかけて、

「席の予約をしたくて、今日の昼の2時に
窓側の南側の席を」

と言うと、

「あっ、○○さんですね」

と、私は自分の名前を言っていないのに、
昨年、私が予約して名乗った名前を覚えていたようで、
昨年のその時にしか私は名前を告げたことがないのに、
かつ、1年ぶりなのに、名前まで覚えていて
くれていたことに驚いた。

そして、予約をお願いして、
その後、14時前に、
CAFE FLATに入店して、
窓側の南側の席に座った。

CAFE FLAT 141227_1359~001
置かれたメニュー表を見て、
いろいろ見てみたが、
やはり、これまでと同じく、

CAFE FLAT 141227_1406~001

ハニークリームティを頼んだ。
クリームの上にはちみちが乗せられていて、
まあ甘くておいしいこと。

そして、それを飲みながらゆっくり読書を堪能するのだ。

そこで、
4年前はヴェルナー・ゾンバルトの
「恋愛と贅沢と資本主義」を読み、
3年前には松岡正剛氏の「知の編集工学」、
一昨年は、示野信一氏の「複素数とは何か」という
数学の本を読み、
昨年は、
大栗博司氏の「超弦理論入門」と
宮台真司氏の「絶望の時代の希望の恋愛学」を
読んだが、
今年は、橋元淳一郎氏の
「時空と生命~物理学思考で読み解く主体と世界」
である。

それは、
京大理系出身で、SF作家の橋元淳一郎氏が
相対性理論、量子力学や熱力学、
そして生物学などの知見を盛り込んで
時空と生命について考察していく書籍である。

ハニークリームティを口にしつつ、

ゆっくり読書をするのだが、
途中でお手洗いに行きたくなるが、
このCAFE FLATの店内はいろいろ
おしゃれさを感じる店であるが、
また、トイレの中もおしゃれで、

CAFE FLAT 141227_1449~001

鏡に何か吸盤のようなものを
規則的に配置して貼ってあるが、
ここのトイレに行くのもひとつの
楽しみである。

入店してから1時間くらいたち、
私が入店したときは、
他に1組のお客さんの女性2名がいたぐらいであったが、
その1時間のうちに次々とお客さん(ほぼ女性)が入り、
7つのテーブル席がすべて埋まってしまっていて、
次々とオーダーが入っていくなかで、
チーズケーキがあと1つしか残っていないようだったので、
それを頼んだ。

CAFE FLAT 141227_1504~001

手作りのベイクドチーズケーキに、甘いクリームが
添えられていて、おいしく口にした。

その後、ハニークリームティがなくなったので、
別の飲み物をと思い、
メープルの紅茶を頼んだ。

CAFE FLAT 141227_1624~001

それが届けられたや否や
紅茶から発せられるメープルの甘い香りが
嗅覚の神経を刺激した。
また、それに砂糖とミルクを入れて飲むと
甘いメープルの香りが口のなかで広がるのだ。

さて、読書で、
「時空と生命」をよみつつ
かばんの中に入れていた
量子力学の基本原理のひとつである
ハイゼンベルクの不確定性原理を修正した
小澤の不等式についてのペーパーも読んでいた。

不確定性原理の不等式を発表した
ドイツ人のハイゼンベルクは1932年に
31歳で、ノーベル物理学賞を受賞した。

そのハイゼンベルクの不確定性原理の
不等式が量子力学の教科書に使われ続けているが、
数学者の小澤正直教授が、
ハイゼンベルクが考案した不等式を修正する必要があるのでは
ないかということで、
ハイゼンベルクの式を修正した
「小澤の不等式」と呼ばれる不等式を考案した。
それが、実証されつつあるのである。
詳しくは書かないが、結構すごい意義のある内容である。
もしかしたら、小澤正直教授はいずれノーベル賞を受賞
することになるかもしれないなあと思いつつ
目を通して、小澤の不等式を覚えなおした。

さて、時刻が16時30分に近づき、
今年もここで、
サザンオールスターズの
「夕陽に別れを告げて」でも聴こうと思い

CAFE FLAT 141227_1628~001

ウォークマンで聞きながら、
窓から見える景色を眺めた。

毎年、そこから夕陽の赤みの光が
反射される光景を見るのだが、
今年は曇り空で夕陽の光景ではなかったが、
ふと思ったのが、
曇り空でも真っ暗でなく見えるということは
8分19秒前に太陽から放たれた
波でもありかつ粒子でもある光が
雲を透過して、地表に届いているのだなあという
ことである。

曇りというと晴れよりも見通しが良くなく、
曇りよりも晴れの方が比喩的に
「先行きが良い」と発想しがちであるが、
曇りの時でも、光が届いていると思うと、
そのような時でも、先行きを示す光があると
比喩的に思えるのだなあとふと思った。

その後、あと1時間ほどそこにいて、
17時20分ごろに、
レジで清算を済ました。

その時、CAFE FLATの店主の女性の方から

「また、来年も」と声をかけられ、

店をあとにした。



このブログ内の関連記事

2009年12月30日の記事は
年の瀬の夕刻、西宮北口のCAFE FLATにて・・・・サザンの名曲「夕陽に別れを告げて」を聞きながら

2010年12月30日の記事は
今年も、年の瀬の夕刻、西宮北口のCAFE FLATにて、「夕陽に別れを告げて」を聞きながら・・・今年の場合は、「恋愛と贅沢と資本主義」を読みつつ

2011年12月30日
今年も、また、年の瀬の夕刻、西宮北口のCAFE FLATにて、「夕陽に別れを告げて」を聞きながら・・・「年末の夕陽」という「単語の目録」に、「夕刻のCAFE FLATの光景」という「イメージの辞書」が連動する

2012年12月28日の記事
今年もまたまたまたまた、年の瀬の夕刻、西宮北口のCAFE FLATにて、読書をしつつ、サザンの名曲「夕陽に別れを告げて」を聞きながら、夕陽の光を眺める

2013年12月30日の記事
2013年の年の瀬も、夕刻、西宮北口のCAFE FLATにて、読書をしつつ、サザンの名曲「夕陽に別れを告げて」を聞きながら、夕陽の光を眺める・・・来年の年末はどのような気持ちでここで過ごすのだろう


サザンオールスターズの「夕陽に別れを告げて」についての説明・コメント
夕陽に別れを告げて ~ 私のサザンNO.2ソング
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3369-f5a3d4ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)