言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



寒い冬、自宅で電気を使うとき、ふと、雪積もる山に寒さに関係なくそびえたつ送電鉄塔のことを思う

今日は、2014年(平成26年)12月16日 火曜日

寒い日々が続く中、
家の中に入ると比較的寒さはしのげる。

家の中に入ると、電気にスイッチをつけ灯りを点ける。
そして、パソコンを使ったりする。パソコンも
電気がなければ使えない。

外が寒い中、室内で電気を使う時、
ふと思うのが、寒い中、
寒さにも関係なく、電気くんは様々な
送電線や配電線のルートを経て、
自宅の届けられているのだなと思う。

私が住む西宮市は関西電力管内であるが、
現在、原子力発電が停止しているなか、
火力発電所を動かして電力供給をしているが、
たとえば、京都府の日本海に面する
舞鶴火力発電所は、石炭火力発電所で
比較的、発電コストが低いので、
24時間稼動のベース電源になっている。

舞鶴火力発電所で発電された電気は、
送電線を通じて、大消費地の
阪神間に送られてくるが、
その送電線の鉄塔と電線は
冬になれば、寒い北風と雪にさらされているが、
それにも関係なく、電気を送り続けている。

舞鶴火力発電所は私の自宅から直線距離で
約90kmであるが、送電線はいろいろ
直線でもないので、おそらく
100kmぐらいは移動するが、
電流は秒速30万kmなので、
あっという間に遠く離れた発電所から
自宅に電気は届けられている。

そのあっという間に電気を届けるために
送電線の鉄塔や電線があるが、
冬寒く、雪が積もっている
誰もこない山の高いところで、
そびえたつ鉄塔くんのおかげで
自宅にて電気の恩恵を賜っているのだなあと思ったりする。

スポンサーサイト

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3357-26afcae7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)