言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



現在の仕事の所要で、阪神電鉄尼崎駅で下車して、かつての職業の思い出が蘇る

今日は、2014年(平成26年)12月4日 木曜日


昨日、尼崎商工会議所で仕事の用事があったので、
阪神電鉄尼崎駅で下車をした。

用事まで時間が1時間ほどあったので、
駅すぐ近くにあるモンパルナスという店で
昼食をとることにした。

その店はピロシキが有名なお店のようだが、
中に私があまり好まない具材が入っているようだったので、
それを食べず、カルボナーラとパンとスープがついた
セットを頼んだ。

モンパルナス カルボ 141203_1237~001

パンはお好みのパンを選ぶことができるということで、
ベーコンとチーズが入ったパンを選んだ。

そのパンを時々、カルボナーラの麺を食べた後に
残っているソースにつけて食べたりした。

その後、そこで少し読書をして
駅近くにある尼崎商工会議所に入った。
そこの1階のロビーには、
尼崎市の優良企業の製品が展示されていた。

そこには利昌工業という企業の製品が展示されていた
世界で大きなシェアを有する製品を製造している。

その利昌工業には、2年前の8月末まで
14年間勤務していた企業の仕事で、
ヒアリング取材をしたことがあった。
そのヒアリング取材をしたのは2年前の1月であった。

やがて、その年の8月末に業績悪化で退職せざるえない
状況になるとは考えず、その時、その会社に取材していた
ことを思い出した。

さて、エレベーターで、用事のある尼崎商工会議所の7階にあがり、
2時間半ほど、そこで過ごした。

7階の大会議室の北側にある窓から見える景色がけっこう良くて、
遠くに見える宝塚市から川西市にかけての山並みの稜線を背景にして、
伊丹空港から飛び立ったばかりの飛行機が上昇していく様子を眺めたり
していた。

その光景を眺めながら、2年前の退職から
いろいろ変遷を経て、今年6月から入社したばかりに会社の
しごとで、その場でそのように過ごしていることの人生のうつろいを
思ったのである。

用事を終え、再び、阪神尼崎駅から乗車して、
尼崎駅から出たばかりの車窓から
同駅の南側の街並みの様子を見ていると、
駅近くにある尼崎市立中央図書館が見えた。

阪神尼崎駅で下車することはほとんどなく、
はっきりと覚えているのは、尼崎市立中央図書館を利用するためだった。

それは平成17年(2005年)のことである。

先ほど伝えたように14年間勤めていた会社での調査の仕事で、
JR尼崎周辺の様々な種類の事業所数を推測するためのデータとして
NTTタウンページでその変遷を知ろうとした。

その2004年と1994年で比較しようとしたのだが、
1994年のデータはネットで調べられないので、
尼崎市立中央図書館にある1994年のNTTタウンページの
該当箇所を大量にコピーしたのであった。

前回、阪神尼崎駅を下車したのをはっきりと覚えているのは
そのことである。

その時、約9年後にその時とは違う企業での勤めで、
その駅で下車する用事が出てくることは全く考えはつかない。
将来のことはどうなるかわからず、それがおもしろきことである。

また、いずれ、今までに行った地に、
仕事でいくことがあって、昨日のようなことを思ったりすることが
あるのかなあと想像したりする。



このブログ内の関連記事

利昌工業をヒアリングした日のことについて 2012年1月25日の記事 
いつもと違うところから見て気付くこと・・・塚口駅前のミスタードーナッツの2階の窓から空を見上げると
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3345-a417d8db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)