言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



昨日のNHKのクローズアップ現代で、ウクライナ危機をロシアの視点から番組が構成されていて良かったと思う

今日は、2014年(平成26年)11月 7日 金曜日

昨日のNHKのクローズアップ現代で、
「ベルリンの壁崩壊から25年②
 “新たな冷戦”は避けられるか」

で、欧米とロシアの対立がウクライナ問題で
深まっていることを受けての特集をしていて、
特に、ロシアがなぜアメリカに反発しているのか
その視点で、番組が構成されていた。

ベルリンの壁崩壊後の
東西ドイツ統一で、NATO(北大西洋条約機構)を
東欧に拡大させないという
アメリカがロシアに約束したことを反故にした。
そのことにロシアが反発を
抱いていることがあげられていた。

NATOは、東西冷戦で
旧ソ連に対抗するための軍事同盟であるが、
この25年の間で、NATOが東欧に広がり、
ロシアにとっては脅威に感じていて、
そのNATOがロシアの隣国のウクライナまで拡大しそうに
なれば、国家の安全保障上の危機として、
強く動いたということになる。


昨日の番組では、
2004年のウクライナの大統領選挙でのオレンジ革命で
親欧米派の大統領が就任し、
その時に、その大統領を支援のため活動した青年が
インタビューに登場した。
彼は結局、それが裏でアメリカの特務任務を受けた者たちが暗躍していて、
かつ、別にウクライナ国民が本当に良くなることを考えて
動いていないことに幻滅したことを語っていた。

ロシア政府は、アメリカの一極支配が強まり、
そのアメリカが世界各地の政変に介入して、
混乱を招いていると批判している。

私は、そのロシアの主張はその通りだと感じる。

ウクライナ危機の原因のひとつは
アメリカがNATOなどの勢力圏をウクライナまでに
拡大させようとしたことにもある。

日本の報道を見ると、ウクライナ問題をめぐり、
アメリカ発の情報に影響されているのか、
ロシア批判の論調が強いが、
昨日のクローズアップ現代は、
ロシアの視点にほとんど時間を割き、
ベルリンの壁崩壊から25年経ち、
ウクライナ危機で、欧米とロシアとの対立が深まり
新たな冷戦が懸念される背景を
ロシアの視点から伝えたことはとても
良かったと思う。



スポンサーサイト

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3318-82ca10f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)