言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



時速100kmの電車から飛び降りて、平然と立ち去った男がいた・・・神戸市のJR住吉駅であった怪事件

今日は、2014年(平成26年)10月26日 日曜日

私のPC内に保存しているいろいろなファイルを見ていたら
今から12年前の夏に、神戸市東灘区のJR住吉駅で
発生した謎の怪事件である。

それを引き起こした人物はある意味超人的な
身体能力を持っているのではないかと思わせる事件であった。

その事件とは、
平成14年(2002年)7月2日(火曜日)の
午前10時45分ごろに発生した。

ホームを姫路方面行きの新快速電車が
時速100km以上で通過していた時、
突如、なんとその電車から、
赤いシャツの男がホームに飛び降りてきたのだ!!!

その男は、その新快速電車の車両の連結部に
しがみついて乗車していたようで、
実際に、その電車に乗っていた乗客に
連結部に人の手足があるの見た方もいた。

そして、連結部にしがみついていた男は
住吉駅を通過する時に、飛び降りたのだ。

時速100kmで動く物体から飛び置いたので、
飛び降りた男はホームの端まで勢いが止まらないまま
制御できずに動いて、ホーム端のフェンスに激突した。

ただ、激突したにも関わらず、その男は
平然と何事もなかったようにホームを歩いていき
姿を消したという。

その様子をホームにいた複数の利用者が目撃し、
鉄道法違反の疑いで捜査をした兵庫県警は
男が激突した衝撃でフェンスが損傷を受けているのを
確認している。

普通に考えると、
時速100kmで動く物体から飛び置いたので、
飛び降りて、フェンスのような堅い物体にぶつかれば
身体に大きな損傷を与えると考えられるが、
それをやってのけた男は、
何もなかったように平然と自力で歩いて立ち去ったことに
関係者は驚くばかりで、
奇怪なミステリーな事件である。

スポンサーサイト

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3306-88dcc88b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)