言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



台風で、横浜の土砂災害警戒区域で土砂崩れで不明者・・・・自然災害で被災する経験がなければ避難しようとは思わないだろう

今日は、2014年(平成26年)10月 7日 火曜日

台風18号の大雨で横浜市緑区で
土砂崩れが発生して住民が不明になっている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
土砂崩れ、アパート内の男性会社員が行方不明 横浜
(朝日新聞 2014年10月6日12時47分)


 6日午前10時半ごろ、横浜市緑区白山3丁目で土砂崩れがあり、
アパート1階に土砂が流れ込んだと110番通報があった。
神奈川県警緑署によると、このアパートに住む男性会社員(30)と
連絡が取れないといい、救出作業を続けている。

 同署によると、アパート裏の急斜面から土砂が崩れ、1階に流れ込んだ。
土砂が流れ込んだ部屋には男性と妻、子どもの4人が暮らしていたが、
妻と子どもは外出していた。男性は夜勤明けで寝ていたという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

というニュースを聞いて思いだすのは
今年8月に発生して70名以上が亡くなった
広島市の土砂災害である。

それと同じく、昨日の横浜の土砂崩れによる不明は
政令市の大都市郊外で発生した土砂災害である。

その横浜の土砂崩れ現場は
土砂災害警戒区域になっていたようだが、
不明になっている方がそのことをどれだけ認識
していたかはわからない。

もし、そうであると知っていても、
台風が来たからといって避難したりはしなかったのでは
なかろうか?

自治体が避難勧告を出しても
ほとんどの住民は避難はしない。

防災技術が向上して、
台風が来て、大雨が降っても
50年ほど前に比べると災害に巻き込まれる
リスクは低減したことにより、
人生の経験上、災害にあうということに
リアリティを持てず、避難する必要性を感じないのが
多くの人達が抱く感覚ではなかろうか?

自然災害の被害を被るリスクは
交通事故に比べると小さいかもしれない。

そういう感覚だと、わざわざ避難しようとは
思ったりしないだろう。

しかし、そう滅多に遭遇しない自然災害に
遭遇してしまうことがありえるのである。
私は、阪神淡路大震災では被災した。

特に、新しい家を立てたり、引越ししたりして
新天地を選ぶ時は、どのような自然災害のリスクがあるのか
考慮して選ぶ必要はあるだろう。

スポンサーサイト

テーマ:地震・天災・自然災害 - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3287-709c2c99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)