言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



国公立大学の文系学部をつぶすなんて愚の骨頂で日本の知性を劣化させる・・・・安倍内閣がカネにつながる実学重視で人文系など文系軽視の政策を進めているようだ

今日は、2014年(平成26年)10月 6日 月曜日

安倍内閣のもと、
国公立大学の文系学部潰しが進んでいるという主旨の
記事があった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
国立大学から文系学部が消える!安倍首相と文科省の文化破壊的“大学改革”
(リテラ 2014年10月1日)


この問題を伝えた数少ない報道である『東京新聞』9月2日付朝刊の
「国立大から文系消える?文科省が改革案を通達」と題された記事では
こう紹介されている。
 
「文部科学省は先月、同省の審議会『国立大学法人評価委員会』の論議を受け、
国立大の組織改革案として『教員養成系、人文社会科学系の廃止や転換』を
各大学に通達した」

(中略)

横浜国立大学教授の室井尚氏は自身のブログに「国立大学がいま大変なことになっている」
という記事を投稿(5月15日)。すでに今回の通達が先どりして実質化されている様子を
生々しく報告し、一部では話題になっていた。

(中略)

「この表の2,3,4には埼玉大学、千葉大学、横浜国立大学と関東一円の地方大学が
並んでいるが、文科省がこれらの大学に求める『ミッション』は共通している。
つまりは理工系か医療系に力を注げということだ。実際、文科省の担当者からは
多数の私学がある神奈川県では、教育コストがかからない文学部系は私学に任せて、
理工系に集中させないと税金を投入する意義を問われると財務省から言われて
いるとの発言があったそうで、その結果ぼくたちが所属している『人間文化課程』は、
実態は全く異なるのに単なる教員養成系の『新課程』と一緒くたにされて『廃止』と
告げられてしまった

(中略)

大学に市場原理が導入されカネをうまない学問を切り捨てていく流れが、
いっそう加速しているのには、もちろんあの男の登場が背景にある。

 あの男、安倍首相は5月6日のOECD閣僚理事会基調演説でこう語っている。

「だからこそ、私は、教育改革を進めています。学術研究を深めるのではなく
、もっと社会のニーズを見据えた、もっと実践的な、職業教育を行う。
そうした新たな枠組みを、高等教育に取り込みたいと考えています。」

 安倍にとって「学術研究を深める」ことなどまったく無意味で、
社会のニーズにあった職業に就けるための教育こそが必要だと考えられている。
ほとんど大学教育そのもの否定である。大学の専門学校化といってもいい。
象徴的にいえば、文学部の存在意義など見い出しようのない教育観、学問観である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということだが、この通りだとしたらまあなんと浅はかなと思う。

まあ、カネにつながりやすい理系重視ということのようだが、
理系はいかに人文学的見識が関わっているのか御存知ないのだろうか?

日本人初のノーベル賞を受賞した物理学者の湯川秀樹は、
幼少のころから漢詩にふれ、古代中国の老荘思想を学び、
彼の物理学の研究の発想にその老荘思想の世界観が強く
影響していたということを語っている。

彼は晩年、素粒子理論の研究で
素領域という概念を打ち出した。
現代物理学で量子力学と一般相対性理論を統合する
理論である超ひも理論の研究が進むにつれ
彼の素領域の発想は、その先駆けにつながるものだったのでは
ないかとみる研究者もいる。

その素領域のアイデアは湯川秀樹が李白の漢詩から
得たものである。

日本初のノーベル物理学賞の学者は
思想や漢詩というまさに人文学的教養を
物理の研究に活かしていたのである。

また、量子力学の基本原理のひとつの
不確定性原理を提唱した
ハイゼンべルグは青年期に
古代ギリシアの哲学者のプラトンの
「ティマイオス」を読み、原子のことに深く
興味を抱く誘いになっているのだ。

このように理系と人文学的な哲学などは
密接なものである。

さて、理系の入試でフランスの大学入試の
バカロレアの日本の理系にあたる科学系の
入試で哲学の問いが出題される。

その問いの内容は

・政治に関心を持たずに道徳的にふるまうことはできるか
・労働は自意識を持つことを容認するのか
・ベルクソン『思考と動き』の抜粋に対する解説
  *ベルクソンは、20世紀前半のフランスの哲学者

と理系の入試でありながら社会と思想を問う内容である。
このバカロレアを導入したのはナポレオンであるが、
ナポレオンは
哲学を深く学ぶことで人はより自由に思考でき、
その自由な思考により人間はより自由な存在になる
と考えていた。

フランスでは、哲学教育による教養が
思考の自由を持つ人々により共和国フランスの理想を基礎づけるものと
考えられていて、この教養がフランス共和国の理念と
民主主義に関わることととらえている。

理系の技術開発は社会的な倫理に関わる問題で
政治がでてくることがある。

医療技術の発展で、心臓死だけでなく脳死という
状態が出現するようになり、
臓器移植との関係で、死をどのように定義するか
国会で議論され、脳死を死として臓器移植に関わる
法律ができたが、それはまさに各政治家個人の
死生観が問われる事態であり、
死について国民的な関心となった。

物理においても社会的に法的に倫理的な問題となるのは
原子力発電の問題である。

原子力の研究者でありながら
反原発の京都大学原子炉実験所の助教の
小出裕章氏が反原発になった理由のひとつに
原発事故のリスクを過疎地に負わせていることの
倫理的な問題があった。

今年の福井地裁での原発の再稼動停止を求める訴訟で、
「原発は憲法で保障された人格権よりも劣位にある」
と判決文で明記されていた。

このようにまさに、理系の技術の問題は
社会的、法的、倫理的な問題として
問われることである。

理系と社会・人文学的な関係について述べたが、
理系と関係なくても、
多くの国民にとって、社会思想や哲学は
主権者として、政治の代表を選ぶための投票行動を
したり、また、裁判員として刑事裁判に関わることが
あるということにおいて、知っているのと知らないのとでは
判断基準が変わってくると思う。

もし、裁判員として、刑事裁判に関わることになったとして、
推定無罪の原則はどのように培われたのか、
どのような思想的歴史的背景があるのか?

他に、国民の権利を保障する
近代憲法はどのような思想と歴史を背景として
形成されてきて、自分の権利を守る法的根拠に
なってきたのか?

そのような教養は民主主義国家の
国民として知っておくべきことではないかと思うが、
そのような教養はまさに大学の文系の分野に関係する
ことである。

国公立大学で本当に文系学部を無くしてしまえば
文系・理系を問わず、日本の知識・教養の劣化が
進むのではないかと危惧を抱く。

スポンサーサイト

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3286-b331e73e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)