言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



御嶽山噴火、意識不明者複数名の情報・・・30年前に御嶽山は地震で山が崩れて多くの人が不明になった

今日は、2014年(平成26年)9月28日 日曜日

昨日、11時53分、
長野県と岐阜県の県境にまたがる
御嶽山(標高 3067m)で噴火が発生した。
御嶽山は日本で14番目に高い山で、
火山としては、富士山に次いで、日本で2番目に高い山。
また、御嶽山は、どこの山脈にも属さず、
富士山と同じ独立峰である。

さて、その御嶽山が昨日噴火したのだが、
当時、そこにいた登山客にとっては
前兆なしのいきなりの噴火だったようである。

人的被害に関する情報は錯そうしており、
9月28日の6時の時点で
意識不明者が7名~16名と確定していない。

山頂付近には、意識不明で倒れたまま
火山灰に埋もれている方が複数名いるということである。

そうなった原因として考えられるのは
噴石が頭部などを直撃したことである。

御嶽山山頂近くにいた方が
噴煙に巻き込まれる様子の動画を
YouTubeに投稿していたが、
まあ、火砕流でなくて良かった。
火砕流であれば即死で、動画なんて
アップされていなかっただろう。

火砕流がはっせいしたかどうかは
わからないが、
国土交通省のライブカメラに
御嶽山を数kmにわたって
噴煙が駆け下りる様子が映っていて
それを見ると、火砕流ぽく見えたりする。

御嶽山は過去の噴火で火砕流が発生したいた
痕跡があり、
御嶽山の剣が峰山頂から
北西6kmの今から約5000年~約6000年前の
地層に火砕流でできた地層が発見されている。

御嶽山はマグマを伴う噴火を最後に起こしたのは
約5000年前だと考えられていて、
その後、噴火はなく、長らく死火山と考えられてきたが、
昭和54年(1979年)10月28日午前5時ごろ
水蒸気爆発の噴火を起こして、
死火山や活火山などの定義を見直し契機になった。

私が、御嶽山の災害で思い出すのは
噴火ではなく地震である。

昭和59年(1984年)9月14日に発生した
長野県西部地震(マグニチュード6.8)で
御嶽山南側の山麓斜面で
大規模な山体崩壊が発生して、
それにより発生した大規模土石流により
濁川温泉、住宅などが流失して、
15名が不明になった(ご遺体は発見できなかった)
ちなみに、この大規模土石流で川がせき止められ
それにより湖が新たにできた。

この度の噴火で、意識不明者が複数名発生していて、
御嶽山の災害としては、
長野県西部地震以来、30年ぶりに
人命に関わる災害になる可能性が出ている。

今回の噴火は今から見れば
今月の12日に御嶽山で火山性地震が発生していて、
前兆と思われる事象が発生していたが、
その時点では、それがただちに噴火につながると
判断できるものではなかったようだ。

また、火山性微動が観測されたのは
噴火の10分前であった。
火山性微動がすぐに噴火につながるということもなく
事前に噴火を予測することは難しいのだろうなあと思う。

火山に登山する場合は、
前兆なくいきなり噴火に遭遇する場合があることを
認識する必要があると思った。


このブログ内の関連記事

噴火予知成功例の記事
2010年3月31日の記事
有珠山の主治医らの科学的知見の賜物と住民の高い防災意識が噴火から命を守った・・・・3月31日、今日で、2000年の有珠山噴火から10周年

スポンサーサイト

テーマ:地震・天災・自然災害 - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3278-34580396
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)