言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



大手新聞社と広告主の財界との関係・・・問題があるTPPに大手新聞社が横並びで賛成した背景

今日は、2014年(平成26年)9月24日 水曜日

ビデオニュースドットコムの701回目の放送の
「朝日新聞を叩いているだけでいいのか」


社会学者の宮台真司氏が、
TPP(環太平洋経済連携協定)報道とマスコミに関することで
注目する発言をしていた。

TPPをめぐって、大手新聞社はこぞって
TPP賛成を示した。
TPPは著作権の非親告罪化(著作権者の告発なしの強制捜査)
それは別件逮捕の冤罪事件を頻発させる恐れがある
他に、TPPでは食と安全の問題、
輸入食品の急増がもたらす食品検疫体制の機能低下
自動車の安全基準や軽自動車優遇政策見直しなど
国民生活に様々な影響を及ぼす問題がはらんでいるのに、
大手新聞社が横並びで賛成を一斉に示したのに
気味悪さを感じた。

宮台氏は、知人の大手新聞社の人間から
「TPPに賛成を示した背景には
広告主の経済界の存在がある。
露骨に財界から圧力があったわけではないが、
広告主である財界がTPP賛成であったので、
広告主の意向に反対しない方がいいという
空気があった」
という主旨のことを語っていたという。

TPPのメリット・デメリットはいろいろあるが、
国民生活に負の影響がある可能性が示されているに
お金を出してくれる財界におもねり、
一斉に賛成を示す新聞社にはジャーナリズム精神は
死んでいるのではないかと思ってしまう。

また、この番組のゲストで参加していた
桂敬一氏(元東京大学教授・マスコミ研究家)が
「(日本のマスメディアが)アメリカを相対化できない」
と語っていたが、私もそれには同感する。

ちなみに、TPPは
もしかしたらTPP締結が成立しても
アメリカ議会が否決してしまうというオチが
あるかもしれないけど。
スポンサーサイト

テーマ:TPP - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3274-52f9ff88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)