言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



昨日の夜明けごろ、3年前の超巨大地震による余震での緊急地震速報で目が覚めた・・・ふと気になるのが、あの日本最高峰が噴火しなかどうかだなあ

今日は、2014年(平成26年)7月13日 日曜日

昨日の夜明けごろのまだ目が覚めていない時
何か緊急地震速報の音が聞こえてきた。

私のPCに、SignalNow Express という
かえるくんの緊急地震速報ソフトを入れていて、
日本領土やその近海で、
マグニチュード6.0以上の地震の発生が予想されると
緊急地震速報がなるような設定にしている。

それがなったのは、昨日の4時22分ごろ
眠りについたのがその約3時間前の1時30分ごろ
だったので、寝不足の状態で、緊急地震速報に
起こされた。

そのソフトは、自分で、音をオフにしないと
全く、緊急地震速報が鳴りやまないので、
自分で消さないといけない。

ふとんから起きて、テーブルに置いているPCに
目をやると、マグニチュード7と記されていて、
「ああ、これは大地震」と思ったが、
そのソフトと私のPCの状態の相性が悪いのか、
どこが震源なのかを示す画面は出てこなかった。

すぐさま、テレビをつけNHKにすると、
緊急地震速報の警報(震度5以上予想)の時に
出てくる緊急地震速報のテロップが表示されていて、
その時は、地震の緊急報道に切り替わっていて、
その後、東北地方で震度4を観測したと発表されていた。

なかなか、震源地の表示が出てこないなあと思っていたら、
津波注意報発令の発表があり、その津波注意報の発令地域の
エリアを示す地図の表記に、震源地が福島県沖で記されていた。

その直後、NHKは各地のライブカメラを表示して、
宮城県気仙沼湾を映していて、ちょうど、津波注意報のサイレンが
鳴っているところであった。
その気仙沼の中継を見ると、
2011年3月11日に、NHKのライブ中継で
ちょうど昨日の中継と同じカメラのアングルから
気仙沼湾に大津波が来襲しているところを映していたことを
思い出す。
(私は実際には、ネットで311のNHKライブ中継の録画を見て、保存している)

さて、昨日の福島県沖の地震は、マグニチュードは6.8で、
2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震の余震であった。

まだまだ、あの超巨大地震の余震は続いている。
もし、M7.7以上の余震が発生すれば、
大津波警報が発令される可能性がある。

さて、あの超巨大地震による大地震級の余震の可能性だけでなく
ある火山の状態も注目している。それは日本最高峰の山である。

当ブログの2012年9月12日の記事
やはり、富士山は昨年の巨大地震で噴火可能性が高まったようだ・・・過去の巨大地震と誘発噴火の事例

でも書いている。

2011年3月11日の超巨大地震の4日後の
3月15日の夜、富士山山頂直下近く震源とする
M6.4の地震が発生した。

ちょうど、NHKを見ていて、緊急地震速報で静岡で地震とあって、
その後、気象庁のHPで震源地を見た時、
ほぼ、富士山直下が震源だったの見て、
江戸時代の宝永地震という南海トラフでの巨大地震の49日後に
富士山が宝永の大噴火を起こしていた事例があったので、
驚愕のあまり、思わず、笑うしかなかったことを思い出す。

その時は、大津波で1万人以上の死者が確実視され、
福島原発は次々メルトダウンして、放射能がばら撒かれて、
さらに富士山大噴火となったら、ハリウッド映画でもなかなか思いつかないような
展開になっていたかもしれない。
実際、その2011年3月15日の富士山直下の地震で
大噴火発生の可能性は、あの宝永大噴火よりも高い状態になっていたが
その時は、大噴火に到らずにすんだのであった。

ただ、やはり、あの3年前の超巨大地震によって、
富士山はいつ大噴火してもおかしくない状態になっているようである。

富士山が大噴火したら、首都圏に大量の火山灰が降り注がれるが、
火山灰が5ミリ 積もっただけで、車は坂道を登れなくなったりするようで、
そうなると、トラック輸送が大打撃を被り、
首都圏の店舗に食料品などが各地から集まりにくくなる状態になるかもしれない。

ちなみに、過去の世界各地の超巨大地震の後、その近隣で火山の大噴火が
発生していて、日本でも、3年前の超巨大地震により
富士山だけでなく、東日本の火山で大噴火が発生する恐れは指摘されている。


スポンサーサイト

テーマ:地震・天災・自然災害 - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3199-0a445083
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)