言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



W杯、日本対ギリシャ戦、ギリシャに退場者が出たことが逆に日本の攻撃力低下の要因になった!!!・・・サッカーって奥深いねえ

今日は、2014年(平成26年)6月23日 月曜日

先週の金曜日の朝(日本時間)に行われた
W杯サッカーの日本対ギリシャ戦で、
前半37分にギリシアの選手が退場することとなり
日本が数的優位に立ち、日本がより点を取りやすくなったと
思った方も多かったのではないかと思うが、
次の記事の分析によると、逆にそれが日本が点を取りにくくなった
ひとつの要因となったと分析している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ワールドカップ日本代表、ギリシャ戦・得点できなかった理由をデータで探る
The Huffington Post 2014年6月20日19時14分


37分にギリシャのパス回しの中心選手、カツラニスが2枚目のイエローカードをもらい、
退場となる。ここでギリシャは4-3-3だったフォーメーションを、一人減ったことにより、
ウイングのフェトファジディスを下げて、4−4−1に代える。これによって今までカツラニスが
ほぼひとりで守っていた地域を、2人で守る布陣に変わったのだ。 日本はこれで、
敵陣中央付近を使いづらくなってしまった。
それに呼応するように、左サイドへの偏りが色濃くなっている。

(中略)

ゲームを大きく分けたのは、相手選手の退場だろう。ギリシャは退場になって
一人減ったことによって、4−4−1の布陣にして守りぬくことを選び、
日本は攻めあぐむこととなった。
退場までの時間は完全に日本の目指す形が続いており、前半のうちにものに
していれば、楽なゲームになったかもしれない。

相手が退場になったあと、攻めきれなかった原因は攻撃の選択肢の少なさだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということである。
ギリシャは、退場者を出してしまい数的劣位になったことで、
負けないことを至上命題にした戦術をとることを明確にして、
その結果、敗戦による第2試合目でのリーグ敗退を防いだのだ。

そのギリシャの勝つことよりも負けないことを優先する戦術に
それを崩せるだけの攻撃力が日本になかったということだろう。

もし、このギリシャ戦が第3戦で、お互いに絶対に勝たなければ
ならない試合であったとしたら、
ギリシャは退場で数的劣位になっても、守り抜くことに徹する作戦は
取れなかったかもしれない。
そうであったなら、日本の得意な試合展開ができて勝っていたかもしれない。

必ずしも相手チームに退場者が出て、数的優位になったからと言って
それが逆に、相手の守備力が高まり、
自分のチームの攻撃力が低下することにつながったりするのだなあと
サッカーの奥深さを感じる内容であった。

W杯の日本代表の試合を通じて、あまり、サッカーがわからなくても、
日本が勝ったか負けたかに一喜一憂せず、このような戦略、戦術、作戦
などサッカーそのものの奥深さを知るきっかけになれて
良かったと思う。

スポンサーサイト

テーマ:スポーツニュース - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3179-957957c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)