言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



W杯、1次リーグ突破は当たり前のことではない・・・・2002年以降、3大会で前回優勝国が1次リーグ敗退

今日は、2014年(平成26年)6月21日 土曜日

昨日、W杯サッカーで、1次リーグ1敗だった
日本代表はギリシア戦でスコアレスドローで
次のコロンビア戦に勝ってもコートジボワールが
勝てば、1次リーグ敗退が決まる状況となり、
1次リーグ突破が難しい状況である。


それにしても、1次リーグ突破は
当たり前ではないと思う。
今回、前回優勝の
スペインが1次リーグ敗退が決まった。

前回優勝の出場国が
次の大会で1次リーグで敗退したのは
今世紀以降の大会を見ると、

2002年 フランス
2010年 イタリア
2014年 スペイン

とある。
また、今大会で、
グループCでイングランドの敗退が決定した。

このように強豪国が1次リーグで敗退することは
よくあるのだ。

また、アフリカ代表のうちカメルーンは
1990年に大会で、ベスト8に進出したが、
その後、W杯に5回出場しているが、
いずれも1次リーグ敗退で終わっている。

このように他の強豪国が1次リーグで敗退したり、
1度、ベスト8になったような
チームも次の大会以降、1次リーグを突破できなかったりのを
踏まえると
日本代表が1次リーグを突破できるのは
当たり前とは思わない方がいいと思う。


ところで、今大会で敗退が決まった
イングランドは、他にイタリアとウルグアイと
W杯優勝経験国が3チームある
Cの死組と呼ばれるリーグの組み合わせになり、
この3チームの争いなるのが有力視され、
もうひとつのコスタリカは1次リーグ敗退するだろうと
みられがちであったが、
ところが、そのコスタリカが、ウルグアイとイタリアを破って
1次リーグ突破を決めた。
サッカーというのはやってみないとわからない面がある。

ちなみに、日本代表は、大会直前のの親善試合で
3対1で逆転勝利している。
コスタリカは現在FIFAランキング27位だが、
FIFAランキング上位のイタリアに勝ったのだ。

下位のチームが上位の強豪チームに勝つことは
たまにある。

プロ野球で言えば、
いつも最下位のDeNAが巨人に勝つことがあるように
サッカーでもそういうことはありえる。

日本の1次リーグ突破は難しいが
日本も強豪のコロンビアとの戦も
やってみないとわからない。

まあ、1次リーグ突破は当たり前ではない
という気持ちでいれば
一喜一憂せずに見れるのではとも思う。

スポンサーサイト

テーマ:スポーツニュース - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3177-bb2f2592
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)