言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



台湾の民家の便器にコブラが居候・・・・毒蛇の宝庫としての台湾

今日は、2014年(平成26年)6月10日 火曜日

台湾でのニュースでこんなニュースがあった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
便器の中にコブラ! 体長1メートル 消防が捕獲/台湾
(ライブドアニュース 中央社フォーカス台湾提供 2014年6月8日19時14分)


(嘉義 8日 中央社)(台湾の)嘉義県新港郷の民家で7日、
この家の人がトイレに入ったところ便器の中にヘビがいるのを見つけ、
消防に通報する騒ぎがあった。駆けつけた消防隊は1時間にわたる悪戦苦闘の末、
体長約1メートルのコブラを捕獲した。住民にけがはなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということだが、熱湯を流し込むことで、
便器に居候するコブラを捕まえることができたという。

実は、台湾は、タイワンコブラをはじめ、毒蛇の宝庫なのである。

他に台湾で有名な毒蛇として、百歩蛇(ヒャッポダ)という蛇がいる。

百歩蛇
画像は、ブログ「マックス・ハリーの流され上手!?」より

この蛇は、濃褐色を地に暗褐色の三角形の斑紋が並ぶ、
毒性そのものは強くないが、大きな毒牙をもち、
その毒の量が多く、噛まれたら、百歩歩かないうちに倒れて死んでしまう
という言い伝えから「百歩蛇」という名前がつけられた。

百歩蛇は、クサリヘビ科で出血毒を有し、血管などの細胞を破壊させ
出血させる毒を持つ。

さて、同じ台湾でさらに強烈な猛毒ヘビとして、
タイワンアマガサという雨傘蛇がいる。

タイワンアマガサ

タイワンアマガサはコブラ科の蛇であるが、
もう毒の強さは強烈で、致死量は2~3ミリグラムで、
そのうえ、毒が回るのが早い。

私が、小学生のころ、学研まんがひみつシリーズの
「有毒動物のひみつ」という本を買って、頻繁に目を通した
(ちなみに買ったきっかけは、父がマムシに咬まれたことから)

その本の最後に、6種類の毒蛇(または毒の動物)による被害の
一覧があって、タイワンアマガサだけ死者3名という表記がされていて、
他の動物では死者が0か1だったので、それを見て、
タイワンアマガサの毒の強烈さを知った。

タイワンアマガサなどコブラ科の蛇は、神経毒で、神経を麻痺させる
毒である。

台湾には他に、タイワンハブなどの毒蛇がある。

このようにタイワンは毒蛇の宝庫であるが、
台湾コブラに関して、2011年に、30才の女性が咬まれる事故があった。

その女性は、市場で買った野菜を整理していたが、何か痛みを感じたので、
よく見ると、なんとのその野菜の中にいた体長15㎝ほどの蛇に咬まれた。
その蛇を女性は瓶に詰めて、医者に見せたところ、医者は台湾コブラであると理解し、
6本の血清注射を投入した。
体長15㎝の子供の台湾コブラであっても、毒性の強さは大人の台湾コブラと
変わらないので、急いで血清を投入する必要があったのだ。

強い毒の蛇に咬まれたりすると、その部分が壊死してしまったりすることもあるが、
その女性にはそのような症状はなかったという。まあ、子供の蛇だったので、
毒の量が少なかったのが幸いしたのかもしれない。

いざ、台湾に行く時は、毒蛇にはご注意を!
無防備に、山や草木が生い茂るところに行くのは危険かもしれません。
スポンサーサイト

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3165-974a00f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)