言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



飲酒運転ひきずりひき逃げ事件の多発、厳罰化の限界・・・・全自動車アルコールロック義務化しかないなあ

今日は、2014年(平成26年)6月 3日 火曜日

昨日、京都府福知山市で、
飲酒運転をしていた運転手の車が
自転車を運転していた高校生をはねて、かつ、
その高校生と自転車を約1km引きずって重傷を
負わす事件が発生した。

飲酒運転をしていて、人身事故を起こして
ひき逃げをする、被害者の身体をひきずったまま
逃げようとする危険極まない事件は
他にも発生している。

これらの事象は飲酒運転の厳罰化の限界を示すもので
あると感じている。

飲酒運転の罰則を強化することによって、
それが抑止力になって、飲酒運転の件数は減ってくる。

一方で、アルコール依存になっている者は
いくら罰則が強化されたからといって、
飲酒運転をやめられるものでもない。

すると、いざ、飲酒運転をしていて人身事故を起こせば、
強化された罰を受けることから逃れようと
ひきにげ、それも、被害者をひきずったまま生命そのものを
奪うという事態が発生している。

罰則を強化することで、件数は減るが、
いざ、発生すると、危険度が先鋭化してしまうという
事態が厳罰化が招く。

そのような事象をふせぐには、
もう、全ての自動車に、
アルコールロック
(アルコール測定をして、基準値以上になればエンジンがかからない)
を義務化していくしかないだろう。

ただ、いざ、今すぐ全ての自動車にアルコールロックの義務化を
するのも難しい。
まずは、今後の新車には全て義務付ける。
既存車については、ある一定の期間でアルコールロック機能を
義務付けるようにして、その経済的負担をカバーするため
補助金をつけたりする。
スポンサーサイト

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3158-0e1fde1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)