言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



極端な炭水化物ダイエットは、寿命を縮め、記憶力を低下させる

ダイエットで、炭水化物を控えるダイエット法がある。
ただ、これをやり過ぎると寿命を縮めるという研究結果がある。

スウェーデンのウプサラ大学のパー・シューグレン博士らの
調査によると、
パンやパスタなど炭水化物を極端に制限した食事をしている
人達は、死亡リスクが19%増加する。
特に、心筋梗塞などで死亡するリスクは44%増加するという
報告が2010年になされている。

また、2008年にアメリカのタフツ大学の
ホリー・テイラー博士の調査によると、
ある被験者グループに
全く、炭水化物を取らない生活を1週間続けたところ
記憶力の損失、特に難しい記憶作業での記憶力の損失が
明らかになったという。
また、低炭水化物ダイエットの人達は
普通の低いカロリーダイエットの人達よりも
記憶力が低下したという。

つまり、極端に炭水化物の摂取が少なくなると
記憶力の低下が避けられないということである。

脳にとってのエネルギー源は
ブドウ糖であり、それは主に炭水化物に含まれる糖質が
分解されることで供給されるが、
その炭水化物の摂取がなくなると、脳へのエネルギー補給が
やせ細り、脳の記憶力低下となってくる。

つまり、ダイエットのため炭水化物を摂取を過剰に制限すると
もの覚えが悪くなるということである。

ちなみに、砂糖でのブドウ糖摂取よりも、
ご飯を食べることで炭水化物でのブドウ糖摂取の方が良いという。
なぜなら、
ご飯の炭水化物は消化がゆっくりであるがゆえに、
安定的に脳にブドウ糖が供給されるからである。


スポンサーサイト

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3128-c7dbd4d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)