言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



山中教授の過去の論文の疑義での説明で、過去の実験ノートの不備を認める・・・さて、小保方さんの場合はどうなのだろう

今日は、2014年(平成26年)4月30日 水曜日

STAP細胞論文をめぐる不正疑惑騒動で
実験ノートの書き方などが注目されているが、
ips細胞でノーベル賞を受賞した京大の山中伸弥教授に
対して、14年前の彼が38歳のころに提出した
ES細胞に関する論文で、画像の切り貼りなど疑惑が
指摘されていた問題で
論文内容、その後再現されていて、問題はないが
共同研究者が保有していた実験の生データの資料を
見つけ出すことができなかった。

その背景のひとつに山中伸弥教授が
複数の研究機関を移動してきたことがあったように
述べられていた。

また、山中教授のその当時の実験ノートには
日付に年が記載されていなかったり
不備な点があったという。

さて、小保方さんの場合でも
実験ノートの日付がきちんと記されていなかった
ことが問題視されているが、
小保方さんは30歳になる前に
一連の実験をしてきたというが、
当時38歳の山中教授はノートの取り方に不備があったということで、
30歳になる前の小保方さんがノートの取り方に不備があるということは
別に驚くことではないということになるかもしれない。
まあ、小保方さんが研究者になっていく過程は
山中教授が14年前に指摘された論文を提出した時よりも後なので、
そのころにはノートの取り方に対する認識が高まっていたかもしれないが、
そうすると、小保方さんは、ノートの取り方に関する教育はあまり
受けてこなかったのだろうか。
その教育の不備に関して、小保方さんは弁明で、
複数の研究機関を渡り歩いてきたことをあげていたと思うが、
今回の山中教授が生データを用意できなかった背景にも
複数の研究機関を渡り歩いてきたことがあるようで、
そのことが、研究の信頼性を完璧なものにするにあたっての
妨げになりやすい要因があるかもしれない。

今回の山中教授の件は、再現性がなされていることで
論文内容に対する信頼性は崩れていない。

まあ、STAP細胞の論文に関する疑義も
第3者の誰かが再現するかいなかが大きく関わっている。
スポンサーサイト

テーマ:テクノロジー・科学ニュース - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3124-0a0eb687
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)