言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



学校のPTA参加は任意で、強制は違法・・・PTA無理やり問題と地方政治参加低迷問題の共通の背景要因

今日は、2014年(平成26年)4月24日 木曜日

昨日の朝のフジテレビ系列の
特ダネの始めの方で、
PTAに関することを伝えていて、
役員をしない保護者の方には
まるで罰ゲームの如く
学校のトイレ掃除をしてもうらというところも
あるということを伝えていた。

そして、特ダネの梅津アナが
「やらなければならないですからね」という主旨の
ことを言っていたが、厳密にはそれは正しくない。

そして、昨日の特ダネでは、大事なことを
伝えていなかった。

それは、PTAは強制ではなく任意であることである。

任意なので、本人の意思に反して、PTAに加入させようと
させたり、役員にさせようとすことは違法行為である。

もし、それでも、無理に強制加入させようとしてきたら
法的処置に訴えればいい。

PTAは、日本が敗戦で占領されている時に
GHQにより、保護者の意向も学校教育に反映して
民主主義の学校として機能することを目標として導入された
はずだが、今は、民主制にも反するような強制性を
帯びた状況になってきてしまった。
まさに、仏作って魂入らずである。

本来、PTAは任意団体なので、
一種のボランティア、つまり、自発的なものに基づくもので
あるべきである。
最近は、PTAは任意性であることを保護者に告げて、
自発的に参加してもらうように活性化しているところもあるという。

共働き世帯が増え、PTAの活動の負担を母親だけに
担わせるのは無理が出てきているので、
現役を終えた退職者の方々にPTAを手伝ってもらうという
アイデアを出す人もいる。

私は、また、なぜ、父親の参加が少ないのかという問題も
あると思う。
つまり、ワークライフバランスがとりづらい
日本社会の構造が、このPTA無理やり問題の背景に
あるかもしれない。

この問題から、地方自治の政治参加の問題を思い出した。
それにも、ワークライフバランスが出てくる。

政治も国民に政治家に任せるだけでなく、
国民が引き受ける必要があるという議論がある。
例えば、ある自治体で、ある問題にどう対処すべきか
住民投票で決めるとなったとしても、
いきなり、投票するのではなく、
1年ぐらいかけて、住民が
ワークショップで様々な専門家を呼んで意見を聞いて
討議していき、そして、住民の知識が高まったところで
投票で決めるというのである。

ただ、そのようなことも
仕事漬けで休暇も取れず、長時間労働残業続きのような
社会人が関わることは難しい。

そのようなワークライフバランスがとりにくい
社会人が多い状況では、PTAの参加や地方自治への
政治参加へも難しいのではないかと思う。

スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3118-3aa0bbc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)