言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



「追究」と「追及」の違い・・・韓国旅客船事故、船長逮捕を聞いて、逆に真の事故原因と背景要因追究の妨げになる懸念を抱く

今日は、2014年(平成26年)4月20日 日曜日

韓国の旅客船転覆事故で
船長ら3名が逮捕されたというニュースがあった。
どのようなことが容疑として逮捕されたか
詳しくなからないが、
私が危惧するのは、刑事事件として責任が追及されることにより
逆に事故原因、その直接原因だけでなく、背景要因まで
詳しく追究されることが妨げられ
再発防止に阻害要因になることである。

また、刑事事件では、責任追及が主になるため、
事故原因の背景要因まで追究することは弱くなる。

責任追究となると、どうしても自分の身を守るために
真相を語りにくくなり、真の原因と背景要因を探るための
情報提供が小さくなり、真実を深く探ることの妨げになってくる。

特に、世界の航空業界では、そのことがよく理解されていて、
アメリカでは航空機事故では
事故原因追究と再発防止を重視して、
個人の過失は刑事責任に問わないことを基本としている。


このブログ内の関連記事

2013年7月8日の記事 
韓国の航空会社がアメリカで事故を起こしたニュースを見て、「追及」と「追究」の違いの意味を考えると、日本の国際標準から外れた航空機事故調査の問題が見えてくる

2007年9月4日の記事
1997年の乱気流事故で無罪判決の機長が、事故調査委員会に質問状 ~「航空機事故調査は司法機関は関与せず」という国際標準に日本政府は従っていない
スポンサーサイト

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3114-241ae4fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)