言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



この度の宇宙からのある波の発見は、ある日本人物理学者にノーベル賞をもたらすかもしれない・・・宇宙のはじまりにおけるインフレーション理論の証明なるか

今日は、2014年(平成26年)3月25日 火曜日

この発見は、
ある日本人にノーベル賞をもたらすかもという
発見が、先週報告された。

それは、原子重力波の発見である。
それは何を意味するかと言うと、宇宙の始まりについて
33年前に宇宙物理学者である佐藤勝彦氏が提唱した
インフレーション理論を裏付けるものと考えられていて
なおさらに、原子重力波の観測が進むと
佐藤勝彦氏にノーベル賞がもたされるのではないかと
考えられる。

宇宙の始まりについては、約138億年前に
ビッグバンという大爆発により始ったと耳にすることが
あるが、
そのビッグバンになるより前に、
時間や空間もない無の状態から
(厳密に言えば、無と有の間の量子力学的なゆらぎ)
急激に指数関数的に急膨張し、
10のマイナス36乗秒の間に、宇宙の大きさが10の26乗倍になり
その後、ビッグバンと呼ばれる大爆発が発生したとされる。
それが、宇宙の始りに関するインフレーション理論で
佐藤勝彦氏が提唱しているのである。

ちなみに10の12乗で1兆、1京で10の16乗なので、
1京を2乗(10の32乗)して、さらに1万倍かけた
10の36乗分の1秒のというごくわずかな時間の間に
宇宙の大きさが1兆の2乗に100倍かけた大きさに急膨張
したとされる。
その急膨張の時の重力が原始重力波として生じたされるが、
その原始重力波がこのたび米ハーバード大などのチームに
よって発見されたというのだ。

さらに、その原子重力波の
同じ信号が、どこからでも来ることが観測されれば
存在は確実になるとされる。

もしそれが確実となれば、
インフレーション理論を提唱したうちのひとりである
佐藤勝彦氏は有力なノーベル賞候補となる。

ちなみにビッグバンの存在は
その大爆発の時の余熱として
(余熱と言っても、約マイナス270℃)
ただよう宇宙背景放射という電磁波が
見つかったことにより、確実視されている。

宇宙背景放射とは、ビッグバンの時の超高温宇宙が
放った光の波長が、約1000倍引き延ばされた波長として
宇宙空間にただよう電波で、
地球には、それが、あらゆる方向から24時間、
降り注がれている。
それはビッグバン理論を提唱したガモフという学者が
予言していたもので、予言通り発見されたので
ビッグバン理論は宇宙の始まりに関する
有力な理論となった。

そして、今回観測されたとする
原始重力波の存在が確証されれば、
ビッグバン前のインフレーション理論が
実証されたとみなされる。

スポンサーサイト

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3088-c0fa1c1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)