言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



NHKの籾井勝人会長の「政府が『右』と いうことを『左』というわけにはいかない」発言は、受信料の正当性を揺るがすものである即刻会長辞任すべきである

今日は、2014年(平成26年)2月 2日 日曜日

先日、NHKの会長に就任した
籾井勝人会長が就任会見で「政府が『右』と
いうことを『左』というわけにはいかない」という
発言が物議をかもしている。

この発言を受けて
NHKと同じく公共放送である
イギリスのBBCと比較する議論がある。

イギリスのBBCの報道方針で
戦争報道に関する指針がある。

「イギリス軍をわが軍とは呼ばない」
「自分の見ていないことはそのことを明らかにする」
「軍や政府の情報は信頼性をチェックする必要がある」、

である。1982年、イギリス領フォークランド諸島が
アルゼンチン軍に侵攻されてイギリス軍が奪還のために
争われたフォークランド紛争の時、
BBCはその指針に沿って、
BBCは「我が軍」「敵軍」と呼ばずに、
「英国軍」「アルゼンチン軍」と呼び客観的戦況レポートを放送し続けた。
それに対して、当時のイギリスのサッチャー首相が激怒したが、
「家族を失った悲しみは、英国人もアルゼンチン人も変わらない」と
指針を守って報道し続けた。

このようなBBCの指針の背景には、
BBCが海外放送を多く行っていることもあり、
国や地域が違えば考え方も異なるとして、中立を保ち、
国際世論の信頼を得ることを第一と考えていることにある。
そのため世界からもBBCの評価は高い。

NHKも国際放送をしているが
籾井勝人会長の
「政府が『右』と いうことを『左』というわけにはいかない」
発言は、BBCとの大差を感じさせるものである。

また、この籾井勝人会長の発言はNHKの公共放送として
存在意義を揺るがしかねないものである。

NHKはホームページの
よくある質問集のページで
「公共放送とは何か」という問いに次のように回答している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

公共放送とは営利を目的とせず、国家の統制からも自立して、
公共の福祉のために行う放送といえるでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

公共放送とは、国家の統制から自立することと言っている。
つまり、政府のおかしなことに対しては、批判するということだ。
そして、政府の言いなりにならないためにも
広く国民から受信料を受けっているのだ。

つまり、籾井勝人会長の
「政府が『右』と いうことを『左』というわけにはいかない」は
受信料の正当性を揺るがしかねない発言であり、
私はこれだけでも辞任ものだと思う。


このブログ内の関連記事


2004年1月31日の記事
全国放送のNHKラジオで、ある経済学者の原発ゼロ論が都知事選を理由に放送できず・・・日本は東京だけではありません
スポンサーサイト

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3037-d113af83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)