言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



東京のFM局の番組で「知事選終わるまで原発の話はするな」と言われたという・・・マスコミは、原発が都知事選の争点になると認識しているのだろう

今日は、2014年(平成26年)1月23日 木曜日

今日、告示される東京都知事選挙で
細川元首相が、脱原発を最大の争点にして
出馬することを正式に表明した。

別に東京都には原発はなく
脱原発を都知事選挙の争点にするのは
ふさわしくないという意見がある。

そのような中、こんなニュースがあった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「原発に触れないで」放送局が要請 ピーター・バラカン氏の
衝撃の生告白がネットで反響
(J-CASTニュース 2014年1月21日18時06分)


フリーの「ブロードキャスター」として活躍するピーター・バラカン氏(62)
が2014年1月20日放送のラジオ番組内で、都知事選終了まで原発の話題に
触れないよう複数の放送局から告げられたと打ち明けた。

(中略)

ピーター氏がDJを担当するFMラジオ番組「Barakan Morning」(InterFM)内で、
「まだ告示もされていないのに、東京都知事選が終わるまでは原発に
触れないよう、他の2つの放送局で言われました」と「暴露」した。
番組内では局名を明かすことはなかったものの、ピーター氏は
「InterFM」以外にも、NHK-FM(「ウィークエンド サンシャイン」)、
TOKYO FM(「Tokyo Midtown presents The Life MUSEUM」)で
レギュラー番組を持つ。そして「お達し」の理由についてはリスナーの想像に委ねた。

(中略)

ちなみに、ピーター氏が原発問題をラジオで取り上げて話題になったのは、
今回が初めてではない。東日本大震災から間もない2011年4月には、
リクエストが集中したRCサクセションの「ラブ・ミー・テンダー」を
流そうとしたところ局に止められたことを番組内で明かした。
同曲は歌詞の内容から反核・反原発ソングとして知られ、
ピーター氏は詞を見た上で今かけるべきだと判断したと語っていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということだが、
「東京都知事選が終わるまでは原発に触れないよう」と
東京のメディア局が言っているとすれば、
選挙で、どちらかの候補を利する偏った放送をしては
いけないと考えているかもしれない。

そうであるならば、
東京のメディアが、おそらくNHKも含めて
脱原発が東京都知事選の争点になると認識していることを
表しているということになる。

私は、脱原発は東京都知事選挙の争点になっても
なんらおかしくないと思う。
東京は電力の大消費地である。

そして、大事故を起こした東京電力福島第一原発がある
福島県浜通り地方は、実は東京電力の管内ではなく
東北電力の管内である。
つまり、福島県浜通りから見ると
地元に使われる電力を作らず、
東京など関東地方の電力需要のために原発があったのだ。
そのようなところが、原発事故のため住めなくなったのだ。
つまり、地元のためでなく
東京のために電力を作ったいた原発の事故で
住めなくなったのだ。
また、新潟県にある東電の柏崎原発も
東京電力管内ではなく東北電力管内である。
新潟県も地元に使われない電気を作るための原発を
いざ大事故があれば住めなくなるリスクを負っているのだ。
そう思うと、東京に原発がないからと言って
東京の都知事選挙に原発が争点にならないとは言えないと思う。

スポンサーサイト

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3027-f016f7b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)