言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



サッカーボールを蹴る力と電磁力・・・フリーキックの芸術的なゴールは電磁力の賜物

テレビ番組で、
サッカーの中村俊介選手が、
フリーキックで、
動いているバスの開いている窓に入れたり、
動いているウエディングケーキの最上部の飾られた
人形を倒すという企画をしていたが、
さて、サッカーボールを蹴り飛ばすという現象は
実は、物理学で言う「電磁力」によってもたらされているのである。

物理学では力は、4つの力である
「強い力」「弱い力」「重力」「電磁力」に集約されていくとされる。

そのうち「電磁力」がサッカーボールを蹴り飛ばす力の源泉に
なっているのだ。

電磁力は、
プラスとマイナスという反対の電荷を持つ粒どうしを引き付けあったり、
逆に、マイナスどうし、またはプラスどうしを反発させ、引き離すことが
できる力である。
ちなみに、その電荷の間で、電磁力となる力を運んでいる粒子は
「光子」と呼ばれている。つまり「光」である。

さて、ヒト(人)がサッカーボールを蹴ろうと、靴を履いた足のどちかの
足を使って、ボールを蹴るために片足を上げて、ボールをめがけて
靴に覆われた足をボールに近づけて行く。

それまでは、物理的に言えば、
大量の電荷的にプラスの陽子と大量の電荷的にマイナスの電子の
混合物として存在しているボールもヒトの足も靴も電気的に中性に
なっていて、大きい物体間の電磁力はゼロの状態である。

ただ、ボールを蹴ろうとして、靴をボールに極めて接近させると
靴の表面の電子(マイナス)とボールの表面の電子(マイナス)が
近づいて、反発の電磁力が作用する。

その反発の力は、ボールにも靴にも作用して、お互いに反対方向に
動き出す。
これがまさに、ニュートンの第三の法則である「作用・反作用の法則」である。

ただ、ボールよりも靴を履いたヒトによる慣性の方が大きいため
ボールの方がヒトよりも大きく動いて遠くに飛んで行くのである。

サッカーのフリーキックで、見事な芸術的な綺麗なゴールは
まさに電磁力によって生み出されたゴールなのである。


スポンサーサイト

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3006-55744495
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)