言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



台風育ちの爆弾低気圧・・・台風18号から変わった温帯低気圧が、台風の時よりも発達した理由

今日は、2013年(平成25年) 9月18日 水曜日 

近畿地方に大雨をもたらした
台風18号は、一昨日の21時に
北海道釧路沖で温帯低気圧に変化した。
その時の中心気圧は980hPaであった。

天気図 2013年9月16日21時
天気図 2013年9月16日21時

24時間後の昨日の21時には
台風18号から変わった温帯低気圧は
カムチャッカ半島付近で
960hPaまで発達していた。

天気図 2013年9月17日21時
天気図 2013年9月17日21時

その気圧は
台風18号としての最低気圧の965hPaよりも
低くなっていた。

さて、どうして、
一旦、台風として最盛期を過ぎて
低気圧が温帯低気圧になって
再び発達したのだろうか?

まずは台風と温帯低気圧の違いを
説明すると、それはエネルギー源の違いである。

台風とは低気圧で言えば熱帯低気圧である。
熱帯低気圧のうち中心の
最大風速(10分間平均)がおよそ17m毎秒を
超えた熱帯低気圧を台風としている。

さて、その熱帯低気圧でもある台風のエネルギー源は
水蒸気の潜熱をエネルギーとしている。
熱帯低気圧が生まれる熱帯の高温の地域の海で
たくさんの水蒸気が発生する。
その水蒸気が上昇気流で上空高くあがった時、上空の温度が下がる
水蒸気が飽和して凝縮し水滴になるが、その時、水蒸気から
熱が放出される。これが潜熱である。
熱で暖められた大気は密度が小さくなるので
軽い大気になり、さらに上昇気流が強まり、熱帯低気圧が発達して
台風と呼ばれる状態になっていく。

台風が北上すれば、北からの
比較的水蒸気が少ない寒気が混じってくるので、
水蒸気からの潜熱の放出が弱まり、台風が衰弱していく。
やがて、北上するにつれて、熱帯低気圧としての台風は、
もともと台風が南から運んできた暖気と
北からの寒気が入り混じって、
水蒸気の潜熱ではなく、
大気の密度が高い(重たい空気)寒気と
大気の密度が低い(軽い空気)暖気の落差によって生じる
重力による位置エネルギーがエネルギー源となる
温帯低気圧に変化していく。
その落差が大きいほど、
重たい空気である寒気が下降していく時の
位置エネルギーが運動エネルギーに変化するエネルギーが
大きくなり、温帯低気圧は発達する。

台風18号から変わった温帯低気圧は
もともと台風として、たくさんの
大気の密度が低い(軽い空気)暖気があったことから、
大気の密度が高い(重たい空気)寒気との落差が大きく
なるので、より発達しやすくなる。
それで、温帯低気圧になってから
台風の時の最盛期の時よりも気圧が低くなっているのだろう。

1日で20hPaも気圧が下がっているで
爆弾低気圧の定義に当てはまるほど
まさに台風育ちのパワフルな爆弾低気圧に成長して
しまっている。

画像は気象庁より

このブログ内の関連記事

爆弾低気圧の定義などについて
爆弾低気圧~パワフルな低気圧だなあ


スポンサーサイト

テーマ:気象 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/2897-11d8f93a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)