言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



早朝、東の空は朝焼けに染まり、西の空には大きく弧を描く虹が見え・・・西の空に虹が見える時間帯は早朝になるのはなぜ?

今日は、2013年(平成25年) 8月27日 火曜日 

昨日の5時25分ごろ
西宮市の今津の自宅アパートの
4階の玄関から出ると
東の空が朝焼けで染まっていた。
その直後、
コンビニに朝食を買うため
アパートから
西にむいて歩き始めた。
阪急今津駅の上空に大きく弧を描く
虹が見えた。

虹 130826_0524~001
見えづらいですが、
画像の右下側より左上側に
弧を描く虹が写っています。

そして、駅に突き当たり
左に曲がって少し南側を見ると
さらに、その虹の続きが
見えて、空に大きな弧を描いていた。

虹 130826_0525~001
さらに見えづらいですが、
画像の右側の真ん中よりも少し上の
ところから左の下側に向かって
弧を描く虹が写っています。

この時、東の空は朝焼けに染まり
西の空には大きな虹があるのだが、
虹というのは太陽の反対側にできるのである。

日の出のころの朝焼けが広がる東の空からの
太陽光線が、西の空に漂っていた水滴の中を
屈折して、さらに反射して虹の位置からすれば
東側にいる私の瞳に飛び込んで、見えていたのだ。
そして、その角度は約42°
それは何を意味しているかというと、
太陽が高い位置にあると
空中に水滴が漂っていたとしても
太陽と地上の角度が
42°以上の角度よりも大きくなってしまって
地上にいる人間には虹が見えないのだ。

そう、虹は太陽の高度が高い真昼よりも
太陽の高度が低くなる朝方や夕方に見えやすく
なるのだ。

虹は太陽と反対側に発生するので
朝は虹は西の空に、夕方は東の空に
見えるのである。

ちなみに昨日は、
その後、雲が広がり、雨となり
朝焼けも虹も見えなくなっていく。
そう、そのような光景は
昨日の早朝5時25分ごろしか
見れなかった貴重な光景であった。

このブログ内の関連記事

虹の語源について
虹とレインボウ ~ 雨上がりの後の空にかかる7色の光の帯、東洋と西洋では違って見えたようだ

2012年9月11日の記事
早朝、虹が作る空の架け橋が見えた

虹とアイリスの花言葉
アイリス~天上と地上を結ぶ虹の橋を渡り、恋のお使いをする
スポンサーサイト

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/2875-03d7b166
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)