言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



箕島高校の夏の甲子園での29年前の敗戦の日を思い出す・・・29年ぶりの夏の甲子園の箕島の試合結果を聞いて

今日は、2013年(平成25年) 8月 9日 金曜日 

昨日、夏の高校野球で
29年ぶりに出場した和歌山県代表の箕島高校は
1回戦で姿を消すこととなった。

和歌山県御坊市出身の私にとって
箕島高校と言えば、高校野球の名門であった。

その29年前の箕島高校の敗戦を覚えている。
その時は、当時、私は小学5年生であった。

その箕島の敗戦の日は
1984年(昭和59年)8月13日だった。

その日は、母の実家のある鹿児島県にフェリーで向かうため
大阪南港近くの親戚の家によっていた。

その日は、ロスアンゼルスオリンピックの閉会式と
箕島の試合を親戚の家で見ていた記憶がある。

箕島はその日、茨城県の取手二高と試合をしていた。
7回まで箕島は3-0とリードしていたが、
8回に一気に取手二高に5点取られて逆転負けした。
その逆転されたということは今でも覚えている。

その後、大阪南港近くの親戚の家を出て、
大阪南港からフェリーに乗った。

そのような日であった。

先月に箕島が29年ぶりに夏の甲子園に出場すると聞いて、
29年前とは、計算すると
1984年(昭和59年)に取手二高に負けた時で、
九州に行く直前のことだと思いだした。

その年の夏の甲子園では、箕島に逆転勝ちした
取手二高は、決勝で桑田と清原がいるPL学園を抑えて
優勝した。

箕島高校は、それ以来、夏の甲子園には出ていなかったのだあと
思った。

その後、和歌山県では、野球の強豪校と言えば
箕島から智辯和歌山に変わっていった。

昨日、
箕島が、あの尾藤監督の息子さんが監督として
29年ぶりに出場して、
新たな伝説を作るような試合も期待もしてしまったが、
1回戦で姿を消した。
また、箕島が甲子園に出て来てくれることが
あれば楽しみだが。


このブログ内の関連記事

神様が創った試合~伝説の名勝負 「奇跡の激闘」・箕島高校VS星陵高校


スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント

井上 勇です。
こんにちは。
いつも、ブログを読ませていただいてます。
井上 勇でした。
また、読みに来ます。
【2013/08/09 13:03】 URL | 井上 勇 #RiLIMznE[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/2857-9d916c29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)