言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



吉田元福島第一原発所長の死から・・・事故の背景に株主代表リスクはあったのか、そして、まだまだ事故原発に残る大津波リスク

今日は、2013年(平成25年) 7月 11日 木曜日 

当ブログの昨日の記事
福島原発の吉田元所長の病死のニュースを聞いて・・・所長就任前のある思い込みと事故後の命がけの陣頭指揮
で、東京電力福島第一原子力発電所の事故当時の所長であった
吉田昌郎氏が逝去したことを受けて書いた記事で、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

吉田元所長が、所長になる前の役職の時、
社内で福島原発の津波想定よりもより高い津波が来襲する
おそれがあるという研究結果が出た時、
吉田元所長らは、「そんなことありえるのだろか」と
思ったようで、念のため、外部の識者に聞いてみようとした
という情報を目にした記憶がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と書いたが、昨日の関西テレビのニュースアンカーで放送された
青山繁晴の“ニュースDEズバリ”で、
吉田昌郎氏が逝去したことを受けて、事故後初めて、
福島原発第一発電所構内にビデオカメラで撮影した
青山繁晴氏が、吉田氏がさらなる津波対策を取らなかったことについて
対策を延期したようであった。そのことについて
昨日の放送の文字起こしを
ブログの「ぼやきくっくり」の
7/11付:「アンカー」吉田元所長が青山さんを通じて国民に送ったメッセージ
から引用する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

村西利恵
「去年7月23日に出された政府の原発事故調の最終報告書には、吉田さんが、
2008年に大津波の試算結果を知りながら、福島第一原発の津波対策を
行わなかったと書かれています」

青山繁晴
「はい。実は2008年の段階で、えー、東京電力の内部の試算で、
15.7メートルの高さの津波が、福島第一原発を襲う可能性があるっていうことは出た。
で、その時に、吉田昌郎さんは、東京電力本店の、原子力施設管理部長だった。
部長として、これは、最悪の想定に過ぎると言って、実は、対策を行わずっていうか、
少なくとも延期したんですね。で、吉田さんの悔いは実はこれだけじゃないん
ですけれども、
吉田さんが生前、常に心配されてたのは、自分で全部責任取れればいいけど、
その、この判断も実は1人でしたんじゃないですから、
その、他の人間のことまで言われるので、自分が責任をちゃんと
かぶれるようになってから、国会で証言したいっていうのが、
ほんとは吉田さんの願いでした。それが果たされないままでしたが、
この津波対策をやらなかった、あるいは延期したことについては、
部長という職にありましたから、直接の、従って政府事故調の、
事情聴取にもそれは明らかにされたんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということであった。社内の試算で、それまでの想定を大きく上回る
津波の高さが指摘されたが、
どうして津波対策が延期されたのか
吉田さん1人ではなく、集団で意思決定の結果
津波対策を延期しているようだ。

その試算が、すぐに受け入れられなかったのは
なぜかということであった。
その背景のひとつに東京電力が
民間の株式会社ということにあったかもしれない
とふと思った。

ある原発に関係している方の発言を思い出した。
それは次のような発言である。

福島の事故の背景に、政府の基準さえ満たしていれば良いという
発想があった。もし、政府基準以上の安全対策を取るために
設備投資などすると、株主から、どうして、必要以上の
安全対策のコストをかけるのかと非難され、
株主代表訴訟のリスクを恐れたことにあるかもしれない

ということであった。
その発言を聞いた時、
もし、原発を日本で今後も続けるとするならば、
民営ではなく、フランスのように国有化しなければ
いけないのではないかと思ったが、

東京電力が、2008年の
15.7m津波想定という社内試算に対して
その対策に消極的になった背景に
株主代表訴訟のリスクということがなかったのか
また、コスト優先ということはなかったのかと
思った。

その津波対策の弱さの問題は
実は現在も事故処理が続いている福島第一原子力発電所に
残ったままだ。
昨日の青山繁晴の“ニュースDEズバリの文字起こしの続きを
載せると

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

吉田昌郎所長は、きのう午前に亡くなる時の無念に加えて、
あるいはひょっとしたらそれ以上に
おととし、2011年の12月1日付で、所長を去る時の悔いの方が
強かったんじゃないかと思うんですよ。それはなぜかというと、
その当時から今に続く、大きな大きな問題が、福島第一原発の構内に、
今もあるからです。そのうちの、最大のものはこれです」

村西利恵
「防潮堤も、冷却・汚染水処理施設備も、全て仮設のまま」

(中略)

福島原発仮説防潮堤 img11018_130710-36kasetu

とこれ今、写ってるのはですね、おととしの、2011年の6月30日につくった
仮設の防潮堤なんです。ここ(右図)に書いてるように、
これ、かごって言っても金属のかごですけど、
そこに石を入れてですね、これ積み上げて、こうシートを入れてるだけなんですよ。ね。で、これ、おととしの6月末に作ったまま、
今も仮設のままでやってんですよ?」

山本浩之
「うーん」

青山繁晴
「だから吉田さんは、僕に電話で、これはメールじゃなくて電話で
何度もおっしゃったのは、これを本物の、その、防潮堤にしなきゃいけない。
私がやらなきゃいけない。何で吉田さんでなきゃできないかというと、
後任の所長さんたちは普通の東電の官僚主義の中にある人だから、
信じがたいことに役所はですね、書類を出せと。中に新しい構造物つくるん
だったらその書類を出して、その書類審査に1年かかると。で、
東電は東電で、それを聞いて、じゃあこれは先送りだと、
他の、メディアが注目してることやりましょうって言って、
これ仮設のままなんですよ。じゃあ今日津波が来たらどうなるんですか。
この冷却システム、壊れて、また熱くなって溶け出す。汚染水、今、
どっちゃりためてるものが、全部壊れて海に流れ出たら、漁民の生活どうなるんですか。
それが吉田さんの無念なんですよ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、聞いて、えっ、まだ本格的な津波防潮堤を作っていないのかと
思った。それは散々、アウターライズ地震による大津波リスクが
指摘され続けているからだ。

2011年3月11日に東日本大震災をもたらした
東北地方太平洋沖地震の震源域は
日本海溝の西側、つまり、陸地に近い内側であったが、
その日本海溝の東側、つまり陸地から遠い海溝の外側を
震源とするアウターライズ地震発生のリスクが指摘されて続けている。
1933年(昭和8年)に、大津波で
3000人を超える死者・行方不明者を出した
昭和三陸地震は、アウターライズ地震であったが、
それは、1896年(明治29年)に発生した
明治三陸地震が誘発した地震であったとされる。
明治三陸地震は日本海溝の内側を震源とした巨大地震であったが、
昭和三陸地震は海溝の外側を震源とした巨大地震であった。
つまり、海溝の内側を震源とした巨大地震が発生した後、
海溝の外側を震源とした巨大地震が誘発されて大津波が
発生する可能性があるのだ。
東海大学地震予知研究センター長の長尾年恭氏は、
数か月以内に東北沖をアウターライズ地震が襲う可能性があると言っている。

今の福島第一原発にはまだまだ大津波のリスクがあり
一昨年の大津波ではコンクリートで固めた防潮堤さえ破壊したのに
単純に石を入れた金属のかごを積み上げただけでは
あっという間に大津波に流され、汚染水貯蔵タンクが破壊され、
冷却システムも破壊され、再び、熱暴走が発生して
危機が再発する。
まだまだ、福島第一原発の危機は去っていない。

さて、昨日の青山繁晴の“ニュースDEズバリで
吉田元所長が、事故当時の現場でいかに大きな存在であったかを
うかがわせるエピソードが語られれていた。
その部分を引用して終わりにする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その座ってる作業員って、僕が確認しただけでも、一番若い人19歳、
まだ。だから一番年上の方は67歳で、その、定年になってるのに、
吉田さんが頑張ってるなら、そして日本のために頑張ってるんだって
この言葉を言われました、日本のために頑張ってるんだと思って、
俺も日本のためにやろうと思ってここに来たんですって人たち。
そして、その19歳の人はですね、これあの、全ては言えないんですが、
要するに、暴力団の関係者だと自分で名乗って、俺は高校を中退してから、
ずっともう、曲がった人生やってきましたよと。
で、俺は、組の手配でここに来ましたけど来てから人生変わったっすよと。
青山さんと一緒にいるその吉田さんとか、あのオヤジ、
このオヤジもね、自分のためにやってる人、一人もいないっすよと。
みんな人のためにやってるんっすよと。チェルノブイリと違うってことを
証明しようとして、みんな一生懸命やってるんですよ、
俺、人生変わったんですよと言ったんです。僕は吉田さんだけじゃなくて、
吉田さんていうリーダーの下にいる人たちが、
その19歳の作業員の方まで、どれほど、いわば良い感化を受けてるか。
そしてですね、その、これ、いかに座ってる人たちが、
その大きな吉田さんの背を、こう見上げてますよね、
その目がね、本当に、憧れの目で見てるんですよ」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このブログ内の関連記事

2012年2月16日の記事 福島原発の核燃料プールからの放射能漏れリスク
福島第一原発4号機問題・・・・福島原発直下型地震と福島沖日本海溝アウターライズ巨大地震によるリスク
スポンサーサイト

テーマ:時事ニュース - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント

ネット風評被害監視です。
今回は特に問題は見受けられませんでした。
また立ち寄らせていただきます。
【2013/07/11 12:40】 URL | ネット風評被害監視 #0T3oWPUQ[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/2827-142c252c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)