言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



同じ場所で動かいままでも、生きていける植物を見て、太陽からの恵みを思う

今日は、2013年(平成25年) 6月15日 土曜日 

今朝、5時半ごろ、西宮市今津の自宅付近を
歩いていて、紫陽花や様々な木々が
花を咲かせたり、緑に潤っていたりする姿を
見つつ、
同じ場所で動かいままでも、生きていける植物に
ふと「いいなあ」と思ってしまったが、
それは、太陽の光を浴びながら、葉で光合成を
行うことによって、養分を作っているから
同じところに動かずに留まりながらも
生きて行けている。

植物はそのように太陽の恵みで
生きているのだが、
その太陽の恵みの養分で育った植物を
我々人類は食べたりして、
植物を通じて太陽の恵みを得ている。

最近、自然エネルギーで風力発電が
行われたりしているが、
風は大気の気圧差によって生じるが、
それは、太陽光の熱によって
大気が暖められ、空気が軽くなって
気圧が下がり、それによって気圧差が生じて
風が吹いたりする。

雨が降るのも、冷たい空気と
太陽光の熱によって暖められた空気の境界に
前線ができて、そこに雨雲が発達してもたらされたりする。
また、一気に大量の雨を降らす台風も
南の海の海上で太陽で暖められて
上昇気流が発生することで作られていき、
また、太陽によって暖められた海水によって
さらに台風を大きくする。
台風の大雨で災害が発生することもあるが、
その大雨でダムの水が一気に貯まって水不足に
陥ることなく、日々の生活に必要な水道水が
供給されたりしている。

そのように
太陽からたくさんの恵みを得ていることを
同じ場所で動かいままでも、生きていける
植物を見てそう思うのであった。


このブログ内の関連記事

大型台風接近で思うこと ~情報のエントロピー増大が、意味のネゲントロピーの多様性と豊かさをもたらす


お気に召したらクリックして下さい
人気サイトランキングへ



スポンサーサイト

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント

太陽が燃えつきたら、地球もおわるのですね…
【2013/06/15 21:53】 URL | 受容体 #-[ 編集]

受容体さん、
太陽が燃え尽きる前に
太陽が膨張をはじめ、その時、地球は
おそらく水のない星になると思います。
それが、約10億年後、
太陽内の核融合が
水素の核融合からヘリウム核融合に
変遷していき、膨張するようです。
ただ、やがてそれらの核融合が
なくなり、太陽は縮小して、
白色矮星になっていきます。
その時、地球は太陽からの重力から逃れて
宇宙をさまよう星になっているかも
しれません。

【2013/06/16 08:31】 URL | くわどん #-[ 編集]

燃え尽きる、というのは、まあ、文学的表現だったのですが、太陽は膨張をするのですね!知りませんでした。
【2013/06/17 15:57】 URL | 受容体 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/2800-30b1e94b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)