言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



きゃりーぱみゅぱみゅの「グロかわいい」と哲学者・西田幾多郎の「絶対矛盾的自己同一」・・きゃりーぱみゅぱみゅから歌舞伎の創世記を思う

今日は、2013年(平成25年) 5月 7日 火曜日 

昨日の夕刻にNHKで
きゃりーぱみゅぱみゅの海外公演などの
特集の番組があった。

きゃりーぱみゅぱみゅの
ファッションの特徴のひとつに
「グロかわいい」というものがあった。

ドクロや血がついているように見せている歯の形に
したものなどグロテスクに見えるものを身につけつつも
それをかわいく見せるのが
きゃりーぱみゅぱみゅである。

「グロテスク」と「かわいい」

という相容れない矛盾するような対立する感性を
そのまま残した状態で同一化させて
「グロかわいい」というセンスを創造している。

そのきゃりーぱみゅぱみゅの「グロかわいい」を見て、
日本近代の大哲学者であった
西田幾多郎が打ち出した「絶対矛盾的自己同一」という
概念を思い出す。

絶対矛盾的自己同一とは大ざっぱに言えば
「相反する二つの対立物がその対立をそのまま残した状態
で同一化すること」である。

その「絶対矛盾的自己同一」を
きゃりーぱみゅぱみゅの「グロかわいい」に
感じたのである。

きゃりーぱみゅぱみゅはのファッションと音楽は
アメリカをはじめ世界に受け入れられ始めている。

日本発の
きゃりーぱみゅぱみゅの装いは
古来のいわゆる宮廷文化の雅のような
日本的なものとは違うが、
歌舞伎の始まりを思うと日本的と言えるかもしれない。

歌舞伎は戦国時代末期から江戸初期にかけて広がり始めたが
異様の装いや突飛な振る舞い、
派手な行動をとることを当時の言葉で「傾く」と言い、
そのような者たちをことを「かぶき者」と呼んだ。

戦国時代末期から江戸初期は、ポルトガルやオランダからの
南蛮文化が日本に流入してきたが、
当時の歌舞伎役者は
南蛮渡来の小物をたくさん身につけていて
十字架のようなペンダントをつけていたりしたという。
今や日本伝統芸能になっている歌舞伎も
西洋文化を取り入れたりしていたのだ。

きゃりーぱみゅぱみゅの装いは
西洋由来の感性をたくさん取り入れているように見えるが、
歌舞伎の創世記のころのことや
「グロかわいい」という日本の大哲学者が打ち出した
「絶対矛盾的自己同一」を感じさせる
創造性などを見ると、
きゃりーぱみゅぱみゅは日本的なものが
埋め込まれていると言えるかもしれない。


お気に召したらクリックして下さい
人気サイトランキングへ


スポンサーサイト

テーマ:発想法・編集法 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/2759-caa87aec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)