言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



ホタルイカは命をかけて命のリレーをする

今日は、2013年(平成25年) 5月 6日 月曜日 

昨日のNHKの「ダーウィンが来た」で
富山湾のホタルイカ(蛍烏賊)の特集が
放送されていた。

ホタルイカは、
触手の先にはそれぞれ3個の発光器が
ついていて、青く光る。

そのホタルイカの寿命は1年で、
命をかけて、次世代に命のリレーをしている。

富山湾では、メスが産卵のため
富山湾の深い海底から海岸近くに
近づくが、
月明かりがない新月の夜は水面の高さがわからずに
浜辺に近づきすぎて、発効させながら
ばたついてしまう

ホタルイカの身投げc

画像は
tsukkn55のブログ「レインと一緒に遊びましょう♪」の記事
「ホタルイカの身投げ」2010年3月17日
より

その様子を「ホタルイカの身投げ」と富山では呼ばれ、
それは江戸時代のころから見られているという記録があり、
富山の春の風物詩になっている。

そのような状況でも
何とかメスのホタルイカは産卵を始めたりする。
そして、全精力を込めて産卵したホタルイカのメスは
もう体力はなく、よれよれの状態になって泳ぐが、
天敵の魚に食べられてしまったりして、生涯を終える。
また、ホタルイカのオスは、1度射精してしまうと
死んでしまうのだ。

そう、寿命が1年のホタルイカは、
まさに命をかけて次の世代に命のリレーを
しているのだ。

命をかけて、命をつなごうとする
生きものに心揺さぶられる。


お気に召したらクリックして下さい
人気サイトランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/2758-0b40420c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)