言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



PC遠隔操作事件で、警察が逮捕した片山氏は真犯人ではないかも・・・容疑者の母親に「親子の縁を切る」という調書を書かせようとする警察

今日は、2013年(平成25年) 2月 25日 月曜日 

PC遠隔操作事件で、容疑者として片山祐輔氏が
逮捕拘留されていて、彼が真犯人であると
印象付ける報道が、警察発表によりなされているが、
彼が本当の真犯人か否かは別にして、
この事件で、4人も誤認逮捕をするという大失態をした
警察は過去の失態を反省して捜査に当たっているのか
それを疑問視することが彼の弁護士からの発表から
出てきた。

ちなみに彼の弁護士である佐藤博史弁護士は、
冤罪となった足利事件で菅谷利和さんの弁護人として
DNAの再鑑定を求め、再審で無罪を勝ち取ったこ弁護士である。

さて、その佐藤博史弁護士の発表に以下のようなものがあった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ビデオニュースドットコム ニュース・コメンタリー
遠隔操作ウィルス事件続報
報道されない容疑者側の言い分から見えてくること
(2013年2月23日)


片山氏の母親から聞いた話として、自宅前にメディアが押しかけ自由に動けない氏の
母親のために、警察は日用品の買い出しなどの手助けをする一方で、
母親に対して片山氏と親子の縁を切ると書かれた調書への署名を求めてきたという。
佐藤氏によると母親はこの要求を断ったという。
 4人が誤認逮捕され、うち2人に嘘の自白が強要された遠隔操作ウィルス事件では、
警察が容疑者の一人の父親に対して、親子の縁を切るとの調書に署名させるなどして、
容疑者を嘘の自白に追い込んだことが批判されている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はっ、警察が容疑者の親に親子の縁を切ると
書かれた調書にサインを求めるとはなにごとだ!!!

それも過去の誤認逮捕で嘘の自白に追い込んだ手法を
また使っているではないか!
そのような手法を使わないと
自白に追い込めないほど、警察は証拠に自信はないのでは
ないかと思ったりする。

もし、彼が実行犯だったとして、そうでなくても
裁判で有罪が確定されてしまった場合、
彼の更生にとって、親子の縁が切られてしまっているというのは
その妨げになるという考えは全くないのかと思う。

そして、そのように容疑者の親に
親子の縁を切るように働きかける手法は
他の事件で、嘘の自白に追い込んで
新たな冤罪事件を引き起こしかねない。

PC遠隔操作の容疑者になっている片山氏は
2005年のきたいわゆる「のま猫」騒動の時に、
レコード会社の社長らを脅迫したことで逮捕され
実刑判決を受けて、それが警察の恨みになっていると
報道されたりしているが、
片山氏は、「自分が悪いことをしたので、恨みはない」
と語っているという。

ちなみに、この親子の縁を切るように警察が求めたことについて書かれた
ネットの掲示板の

【PC遠隔操作事件】警察が片山祐輔くんの母親に親子の縁を切るように求め、
嘘の自白に追い込む事をまた画策する。※ちなみに前回は誤認逮捕した人にも
同じ事を行い自白を強要
(ハムソクコム 2013年2月24日 7時02分)
で、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

147 名前:ハムスター名無し 2013年02月24日 11:27 ID:opAwMWET0
片山に前科があるから怪しいっていうなら
警察も前科ありすぎだろw

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と書きこまれていて、思わず爆笑してしまった。

さて、片山氏が犯人であると思わせる状況証拠があるという
報道が警察発表からなされているが、
真犯人が江の島の猫に、データ首輪をはめたことに
関して、片山氏が猫に近付いているという映像が写っている
とされ、片山氏もその日に江の島に行き、猫に近づいたかも
しれないと言っているが、事件を起こしたことを否定していて、
また、警察も彼が首輪をつけたという決定的瞬間の証拠は
持っていない。

そして、そもそも片山氏が真犯人ではないのではないかと
思わせる事柄が出ている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【PC遠隔操作事件】被疑者の素顔を弁護人に聞く
(江川 紹子 2013年2月19日 22時19分)


実は、問題のウィルス「iesys.exe(アイシス・エグゼ)」に使われた
プログラミング言語はC#ですが、彼は「僕はC#は使えない」と言うんですね。
ところが、警察が最初に取った身上調書に、
彼が使えるプログラミング言語が列挙してあり、その中にC#が入っていたそうです。
彼は、C#は他人が書いたプログラムがあって、それが実行できるかどうか確かめろと
言われて確かめたことはあるが、自分では書けない、と説明したそうです。

(中略)

ーー彼がC#を使えないというのは、彼にとって有利な事情ですね。

そうなんです。「それだけで、君は真犯人でない、ということになるのでは?」と聞くと、
彼も「そうですね」と答えるんです。でも、彼がその話をしたのは、
逮捕されてから6日後のことなんですよ。
それで、「そんな大事なことを、何でもっと早く言わないのか。このことを、
警察は知っているのか」と聞いたら、最初の身上調書の話が出てきたので、
これは録音・録画をしないと危ない、と思ったのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということだ。
この証言を聞くと、
もしかしたら、片山氏は真犯人ではなく
またもや警察は誤認逮捕をしてしまったという
ことになってしまうのではないかと思ったりするが、
それかどうか別にして、
何度も過去の警察の無理な自白が問題視されるたびに出てくる
取り調べの全面可視化はやるべきだと
今回の事件の警察の捜査手法を見て
より強く確信するのである。

この事件に関して、
他人ごとではなく、警察のこのような捜査手法が
続く限り、いつ自分が冤罪事件の被害者になるかもしれない
と思って関心を持ってもらえればと思う。

このブログ内の関連記事

2013年1月6日の記事
PC遠隔操作の真犯人が今度はネコの首輪に・・・真犯人が動くたびに警察の誤認逮捕の失態が蒸し返され・・それにしても米軍が作ったITツールにふりまわされてるなあ

お気に召したらクリックして下さい
人気サイトランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:刑事事件・裁判関連ニュース - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント

はじめまして物理学者の惠藤憲二です。
すごくいいじゃないですか!!
【2013/02/26 00:28】 URL | 物理学者 惠藤憲二 #qbIq4rIg[ 編集]

自白を強要しなければ有罪に出来ないレベルの捜査しか出来ていないのかもしれない、とすれば冤罪を危惧すると同時に報道の加熱振りを注意しなければならない。
確たる証拠も無いのに逮捕に至ってしまう事は大変な人権侵害事件を起こしてしまった事になるのだが、皆さんはどう判断するのかな、松本サリン事件を思い起こして見て下さい。もっと捜査手法も技術も向上させなければならない。
【2013/03/01 17:29】 URL | 京の猫 #qxPsNuGw[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/2684-474685d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)