言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



ローソン働き盛り世代の賃金アップ・・・賃金アップは売上アップのための投資である

今日は、2013年(平成25年) 2月 8日 金曜日 

ローソンに関して、次のようなニュースがあった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ローソン、社員の年収引き上げ 消費刺激へ、20~40代対象
(東京新聞 2013年2月7日15時15分)

働き盛りで消費意欲の高い世代の年収を増やすことで消費の活性化につなげる。
少子化対策にも貢献する狙いがある。安倍政権が日本経済再生策として
企業に要請している賃金アップの要請に応える。

年収は平均で1人約15万円増え、子どもが3人いる場合には増額され
30万円程度になるという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということだが、
このローソンの動きに追随してくれる企業、
特に内需依存が高い大企業にやって欲しいものだと思う。

このローソンのニュースを聞いて、
アメリカの自動車メーカーのフォードのことを思い出した。
1914年に、フォードは最低賃金を2倍にした。

そうした背景に
労働者がたくさん稼がないと
自動車を買ってくれるお客さんが増えないと考えたからだ。
まさに、賃金アップを売上アップのための投資と考えていたのだろう。

平成になって20年以上
賃金下落⇒消費減退⇒売上減⇒賃金下落のスパイラルが
続いてきた。
売上減少の中、企業が利益を上げるために賃金を下げるという
その企業にとっては合理的なふるまいをしても
どの企業も同じようにしてしまうと
国民所得が減って、消費が減退して、企業の売上が下がるという
合成の誤謬の状態が日本で続いてきたわけである。

ローソンの今回の特に若者や子育て世代の
収入アップという方針になるのだが、
ローソンもフォードと同じように
賃金アップを売上アップのための投資と考えているのだろう。

この動きが多くの企業に広がっていくのかどうか。
ローソンの動きに追随する企業が少なければ、
デフレのままになってしまいそうだが、
賃上げのムードが広がれば
デフレによる所得減少というスパイラルを
抜け出していくと思うが、
そうなって欲しいものだ。

このブログ内の関連記事

1月5日の出来事・・・・1914年1月5日、米国自動車メーカーのフォードが、最低賃金を2倍に引き上げる・・・賃上げは売上アップのため投資

2008年2月14日の記事
責めの賃金アップは企業業績向上のための将来への投資である

お気に召したらクリックして下さい
人気サイトランキングへ

スポンサーサイト

テーマ:経済・社会 - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/2667-95d70cda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)