言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



急がば回れ・・・・慌てて、発車直前の電車に乗ろうとした若い女性の結末を見て

今日は、2013年(平成25年) 1月26日 土曜日 

急がば回れ
という諺を思い出す場面に遭遇した。

昨晩21時過ぎ、
西宮北口駅の宝塚方面での
ホームで、
乗客で満員に近い発車間近の
電車に乗らずに、
次の電車を待つために
扉の前に立っていた。

その電車が発車しようとして
扉が閉まろうとすると
次々と階段から降りてくる
人達が乗ろうとする。
一旦扉が閉まり、
乗車をあきらめた若い女性の方が
電車から離れたが、
すると、少し扉が開き、
その女性が乗ろうとすると、
その女性は荷物をいろいろ抱えていて、
そのうちのひとつの物が勢い余って
ホームに落下し、そのまま横滑りして
電車とホームの隙間から落下してしまった。

電車は動き出し、電車の車両最後尾の窓から
安全確認で上半身を出している車掌さんが
その女性に手で、おそらく事務室がある2階の方を
指して、職員を呼んで取ってもらうように伝えていた
ように見えた。

その女性は2階に上がって行った。
その電車が出て、すぐに次の電車が到着してきた。
私はその電車に乗ったが、それまでに
その女性の姿をホームで見ることはできなかった。

おそらく、私が乗った電車がホームに止まっている間は
線路に降りられないので、
私が乗った電車が発車した後に、
駅員さんに取ってもらったのだろう。

つまり、その女性は、結果的に遅れることとなってしまったのだ。

慌てて、発車直前の電車に乗ろうとせずに
次の電車を待っていたら、私が乗った電車で帰れたが、
慌てて、発車直前の電車に乗ろうして
次の次の電車に乗ることになってしまったのだ。

その光景を見て、
急がば回れ
という諺を思い出したのである。


このブログ内の関連記事

ことわざの語源
諺(ことわざ)  優れた言葉の業(技)


お気に召したらクリックして下さい
人気サイトランキングへ


スポンサーサイト

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/2654-aefd8673
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)