言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



1月7日は「千円札の日」

1月7日は「千円札の日」である。
1950年(昭和25年)1月7日(土曜日)に、
1946年(昭和21年)の新円切替後の初の千円札が発行
されてことに由来する。肖像画は聖徳太子である。

新円切替後初の千円札とあるが、
新円切替前の1945年(昭和20年)8月17日に
初めて千円札が流通し、肖像画は日本武尊(ヤマトタケルノミコト)であったが、
終戦直後の物資不足などによる大幅なインフレに対処するため
それまでの従来の紙幣流通の停止による
新円切替にともない1946年3月2日に失効した。

やがてインフレも落ち着き、
通貨発行高のうちの96%を百円札が占めていて
取引需要に応じることができなくなり、
金融機関などの出納業務に支障が出てきたので、
新円切替後初の千円札発行に
1950年1月7日に実施したのである。
新円切替後初の千円札として、
肖像画が聖徳太子の千円札の流通が始まった。
当時の最高の技術を駆使して千円札を作ったが、
2ヶ月後の3月には京都で偽札が見つかっている。

その聖徳太子の千円札は
1963年(昭和38年)11月1日に
伊藤博文が肖像画の千円札が発行されてから
約1年2ヶ月後の
1965年(昭和40年)1月4日に
支払が停止された。

ちなみに聖徳太子の千円札は今でも有効に
使える紙幣である。

伊藤博文の後の千円札は
1984年(昭和59年)11月1日に
肖像画が夏目漱石の千円札が発行され
そして、
2004年(平成16年)11月1日に
現在の野口英世の千円札が発行された。


このブログ内の関連記事
3月4日は「円の日」・・・・1869年(明治2年)3月4日、円形通貨を採用した円貨制度はじまる

2012年4月1日の記事
4月1日の出来事・・・1982年500円硬貨登場・・・500円硬貨が生まれてもう30年

4月2日の出来事・・・1951年の今日、500円札登場・・・500円札を知らない世代が増えてトラブルも

12月11日は「百円玉記念日」・・・1957年(昭和32年)12月11日、100円硬貨発行開始・・・2009年現在、約1兆円の100円玉が流通・・・さて、100円札はどうなっているか・・

お気に召したらクリックして下さい
人気サイトランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:今日は何の日? - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/2635-16398420
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)