言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



12月22日は、日本で初めて内閣総理大臣が生まれた日・・・初代総理大臣は、26歳である県の知事にもなっていた

今日は、2012年(平成24年)12月22日 土曜日

今から127年前の
1885年(明治18年)12月22日、
日本で初めての内閣総理大臣が誕生した。

初代内閣総理大臣に就任したのは
当時45歳の伊藤博文である。

1868年の明治維新後
王政復古のもと、
奈良時代の701年の大宝律令による
太政官制度によって政治が運営され
太政大臣・左大臣・右大臣が
明治天皇を輔弼していたが
太政大臣が極度に多忙な一方で
左右大臣の職責は不明瞭な非効率な制度になっていた。

それを伊藤博文が何度か変えようと試みたが
右大臣岩倉具視が抵抗して、変革が進まなかったが、
岩倉具視が亡くなり、
欧州の統治機構の調査から戻ってきた
伊藤博文は内閣制度の構築を推し進め
1885年(明治18年)12月22日
太政官達第69号で

(1) 太政大臣、左右大臣、参議及び各省卿の職制を廃し、
新たに内閣総理大臣並びに宮内、外務、内務、大蔵、陸軍、
海軍、司法、文部、農商務及び逓信の各大臣を置くこと

(2) 内閣総理大臣及び各大臣(宮内大臣を除く。)をもって内閣を組織すること

が定められ、即日執行され
当時45歳の伊藤博文が初代内閣総理大臣に就任した。
第1次伊藤博文内閣には
外務大臣に井上馨(51歳)、内務大臣に
山県有朋(48歳)などが入閣し
平均年齢46.2歳の若い内閣であった。

第1次伊藤博文内閣は
1888年(明治21年)4月30日まで続いた。
伊藤博文はその後、3回内閣総理大臣を務めている。

ちなみに伊藤博文は
明治維新直後の1868年5月23日
当時26歳の時に
初代兵庫県知事に就任し、
貿易の振興が、国家隆盛の唯一の手段と考えていた
伊藤博文は
神戸での国際貿易の振興をはかり、
その為、工事なかばの居留地建設の再開と待遇改善、
さらに第二の運上所(税関)を作り、英学校を作った。
また、宇治野村(現中央区下山手通7丁目)に病院を建設
民間人で市兵隊を組織して治安維持に努めたり、
神戸での近代化を推進している。


お気に召したらクリックして下さい
人気サイトランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:今日は何の日? - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/2619-5b611e7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)