言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



村上春樹と「涼宮ハルヒ」の共通性・・・世界的作家と世界的ベストセラーライトノベルを「西宮」をキーワードに

今日は、2012年(平成24年)11月29日 木曜日

昨日は、
我が母校である関西学院大学の図書館に
行ってきた。

行ってみると、その日の17時から
図書館の地下ホールで

「村上春樹と『涼宮ハルヒ』の意外な関係?」

というタイトルの講演が、土居豊氏という
文芸評論をされいる方により
行われると書いていたので、
聞いてみた。

村上春樹と言えば、毎年、ノーベル文学賞候補に
あがってくる世界的な作家である。

涼宮ハルヒとは、何か。
ウィキペディアを参照すると

ライトノベルで「涼宮ハルヒシリーズ」で
エキセントリックな女子高校生のヒロインである
涼宮ハルヒが設立した学校非公式クラブ
SOS団
(「宇宙人や未来人や超能力者を探し出して一緒に遊ぶこと」を目的としたクラブ)の
メンバーを中心に展開する、「ビミョーに非日常系学園ストーリー」ということで
あるいみSF的な作品であるが、
昨年6月の時点で、2003年のシリーズ開始以来、
国内で累計800万部、
世界15カ国で販売され、
文庫とコミックスと合わせた累計部数は1650万部という
大ヒット作品であり、
昨年の最新刊『涼宮ハルヒの驚愕』の
初版部数51万3000部と
村上春樹の『1Q84 BOOK3』のそれを越えるような
人気作品で、
その時には、香港の書店では、その新作を買うために
行列ができるくらい人気がある。

その「涼宮ハルヒシリーズ」の作者である
谷川流(たにがわながる)と村上春樹の
共通のキーワードとして出てくる都市が
「西宮」である。

村上春樹は
父が西宮市にある
私立甲陽学院中学校の教師になったことから
西宮市の夙川に転居し、西宮市立香櫨園小学校に通い、
中学校は芦屋市の中学高、高校は神戸高校と
阪神間で育っていった。

谷川流は出身高校が西宮北高校で、
出身大学は西宮市にある
関西学院大学法学部である。

その村上春樹の作品と
「涼宮ハルヒシリーズ」には
この2人が育った西宮などの阪神間の風景が
ベースとなって書かれたりしているという。

村上春樹の「1973年のピンボール」という作品の
登場人物の通った大学として、関学らしき大学が登場
するという。

そして、村上春樹の「海辺のカフカ」に
出てくるお椀山(Rice Bowl Hill)は西宮市のシンボルの山とも
される甲山がモデルだと言われていて、
また、「涼宮ハルヒシリーズ」に出てくる
鶴屋山のモデルも甲山だと言われる。

1970年生まれの谷川流は
村上春樹の影響もあるとされ、
「涼宮ハルヒシリーズ」に登場する読書好きの
長門有希(実は宇宙人という設定)の100冊の中に
村上春樹の作品があり、
劇場アニメ「涼宮ハルヒの消失」では
長門有希が村上春樹
の「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」を読むシーンが
あるようだ。

そして、「涼宮ハルヒシリーズ」に登場する人物のキャラクター設定で
村上春樹の作品の影響を受けている部分があるのではないかという解説が
昨日の講演でなされていた。

「涼宮ハルヒシリーズ」の舞台となる
登場する場所の名前は
もろ西宮市の様々な地点を反映している。

例えば

県立北高校 ⇒ 西宮北高校
光陽園駅 ⇒ 阪急甲陽線甲陽園駅
北口駅 ⇒ 阪急神戸線西宮北口駅
祝川(しゅくがわ) ⇒ 夙川(しゅくがわ)

と、もう西宮市を舞台にしてますと言わんばかりである。

他に、
「涼宮ハルヒシリーズ」に登場する図書館のモデルは
西宮北口駅に連結している
大型複合施設であるアクタ西宮内にある
西宮市立北口図書館であり、
先程も申した通り、
鶴屋山のモデルは甲山だという。

そして、涼宮ハルヒシリーズのSOS団が
頻繁に使う喫茶店のモデルが
西宮北口駅近くにある
珈琲屋ドリームで、作者の谷川流がよく
使っていたようで、
このお店には、涼宮ハルヒフアンの方々が
涼宮ハルヒシリーズの聖地として
よく来るようになったようだ。

西宮市内の
涼宮ハルヒシリーズのモデルとなった地点には
涼宮ハルヒフアンの方々が、聖地巡礼として
訪れることが増え、時には、
韓国や台湾、米国などの海外のフアンの方も
来るという。

そのような人気ぶりに
「SOS団 in 西宮に集合よ」
というイベントが、
地域ポータルサイトを運営する「西宮流(スタイル)」によって企画され
西宮まち旅博覧会実行委員会(西宮市・西宮商工会議所など)が主催する
「西宮まちたび博」(2012年9月~2013年2月末)
の一環として、2012年の10月下旬から11月11日まで
西宮市北口町の商業施設「アクタ西宮」をメインに開催され
市内の店舗をめぐると特製のしおりがもらえるラリーも実施
された。

その様子については
集合!SOS団 聖地・西宮で涼宮ハルヒ企画展
(産経新聞 2012年10月31日8時17分)


と記事にされている。

このように私が関学入学以来20年近く住む
西宮市がそのように世界的なベストセラーライトノベルの
舞台として注目されることは嬉しいことであり、
もし、村上春樹がノーベル文学賞を受賞したなら、
その原風景として西宮などの阪神間の注目もさらに
高まったりするのではと思ったりする。


このブログ内の関連記事

女優・森光子と西宮北口・・・・芸能のまちとしての西宮北口




お気に召したらクリックして下さい
人気サイトランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/2596-24a9d161
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)