言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



安堵・・・その語源、自分のところはほっとするなあ

不安なことが解決したりして、
安心して、胸を撫で下ろすという意味で
「安堵」という言葉がある。

さて、「安堵」の
「堵」は
「垣」を意味していて、
「堵(垣)の中に安んずる」ということで
「安堵」となっているが、
「垣」は自分の土地の境界を示したりするが、
その垣の内側では、
他者からの侵害から人身や財産が
守られていることである。

その土地の所有を
主君(もしくは支配者)などのお偉いさんから
その土地は「あなたのものと認める」と保証してもらう
ことを「本領安堵(ほんしょあんど)」と言った。

そのように認めてもらえれば、なおさら安心。

以上のようなことから
安心して、胸を撫で下ろすという意味で
「安堵」という表現が使われるようになってきたそうだ。
スポンサーサイト

テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/2577-420986db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)